増澤 徹 MASUZAWA Toru

ID:9000303989968

茨城大学 (2015年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • 人工心臓の磁気浮上方式の現在と将来

    増澤

    1.はじめに 人工心臓は1958年からその研究開発が始まったが,当初は生体の心臓を模擬した拍動流型ポンプ (容積形ポンプ) が用いられていた。拍動流型ポンプは血液を吸い込み,溜め,駆出する。油圧や空圧で駆動されるフレキシブルなダイアフラム (膜) と血液の流入・流出方向を規定す

    電気学会誌 135(9), 613-616, 2015

    J-STAGE

ページトップへ