橋口 淳一 HASHIGUCHI Junichi

ID:9000303991440

札幌北楡病院 血液内科 Department of Hematology, Sapporo Hokuyu Hospital (2015年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • 多発性骨髄腫に対するbortezomib治療開始後早期の血清ALP値上昇は治療効果を予測する

    皆内 康一郎 , 嶋 香菜子 , 橋口 淳一 [他] , 荒 隆英 , 安本 篤史 , 藤野 賢治 , 小原 雅人 , 中田 匡信 , 太田 秀一 , 今井 陽俊 , 平野 貞一 , 木山 善雄 , 小笠原 正浩 , 小林 直樹 , 今村 雅寛

    Bortezomib (BTZ)使用後に血清alkaline phosphatase値(ALP)上昇を来す症例が認められるが,BTZ使用後のALP上昇と奏効率の関係は不明である。【対象と方法】2007年10月から2012年10月まで当院でBTZを含む治療薬にて加療された多発性骨髄腫30例を対象とし,治療開始後早期のALP上昇の有無と治療反応性について後方視的に評価した。【結果】治療開始後21日目, …

    臨床血液 56(8), 1064-1068, 2015

    J-STAGE 医中誌Web

ページトップへ