大谷 壮介 OTANI Sosuke

ID:9000303998980

大阪府立大学工業高等専門学校 都市環境コース (2015年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • 河口干潟における洪水後の底生生物群集の予測方法の適用性について

    大谷 壮介 , 倉田 健悟 , 東 和之 , 山中 亮一 , 上月 康則

     本研究はシルト・クレイ率と地盤高さという2つの物理的な底質環境の変化から生物群集を予測する底質環境・生物群集対応関係の洪水直後の適用性について検証を行った.50地点を対象に洪水直後において干潟全体のシルト・クレイ率は増加傾向にあり,地盤高さは干潟下流部で大きく変化している地点が確認された.底生生物の個体数および種数は洪水直後に減少し,翌年には洪水前と同程度に回復していたことから,底質環境および底 …

    土木学会論文集B3(海洋開発) 71(2), I_904-I_909, 2015

    J-STAGE

ページトップへ