西田 彰一

Articles:  1-5 of 5

  • Kakei Katsuhiko's Thought in the 1900s  [in Japanese]

    西田 彰一

    戦前の日本において、神道の思想を日本から世界に拡大しようと試みた筧克彦の思想については、現在批判と肯定の両面から研究がなされている。しかし、批判するにせよ評価するにせよ、筧の思想についてはほとんどの場合「神ながらの道」の思想にのみ注目が集まっており、法学者であったはずの筧がなぜ宗教を語るようになったのか、どのような問題意識を持って研究を始めたのかについての研究は殆どない。そこで、本稿では一九〇〇年 …

    日本研究 53, 253-266, 2016-06

    IR  DOI 

  • A theory of Japan Imperial Family by Kakehi Katsuhiko  [in Japanese]

    西田 彰一

    立命館大学人文科学研究所紀要 (107), 1-23, 2016-03

  • The Study of Kakehi Katsuhiko 'Yamato-Bataraki' : Affirmation of the Bright State and Body Techniques  [in Japanese]

    西田 彰一

    日本思想史研究会会報 = The annual of history of Japanese thought (32), 29-46, 2016-03

  • Activities of Kakei Katsuhiko in Japanese Colonies : with a Focus on Manchuria  [in Japanese]

    西田 彰一 , Shoichi NISHIDA , ニシダ ショウイチ

    筧克彦は独自の神道思想を唱えたことで著名であり、かつ数多くの植民地官僚や神社関係者、農業移民の指導者に影響を及ぼした人物である。しかし、これまで筧が植民地に対してどのように向き合ったのか、その活動を具体的に検討した研究はなかった。そこで、本稿では筧克彦の植民地における活動の事例を分析することを試みる。特に、これまでまとまった研究がない満州での活動を中心にその全体像を明らかにしたい。まず第一章では筧 …

    総研大文化科学研究 (12), 37-53, 2016-03

    IR 

  • Book Reviews : MITANI Hiroshi, Aikoku Kakumei Minshu Nihonski kara Sekai wo Kangaeru  [in Japanese]

    西田 彰一

    年報日本思想史 = The Annual of Japanese intellectual history 14, 16-21, 2015-03

    IR 

Page Top