蒲生西谷 美香 Nishitani-Gamo Mikka

Articles:  1-8 of 8

  • Synthesis of metal oxide supported metal nanoparticles by microbubble assisted low voltage solution plasma method  [in Japanese]

    平出 有吾 , 城石 英伸 , 上原 雅人 , 松田 直樹 , 亀田 直弘 , 白石 美佳 , 蒲生西谷 美香

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 116(385), 19-22, 2017-01-07

  • Synthesis of various nano carbon filaments by CVD over catalysts loaded on a metal oxides composite  [in Japanese]

    Tsujino Gai , Ota Hiraku , Nishitani-Gamo Mikka , Nakagawa Kiyoharu , Oda Hirokazu

    Carbon nanotubes (CNTs) and nanofilaments (CNFs) were synthesized by the decomposition of ethylene using oxidized diamond-supported catalysts at a relatively mild temperature. Oxidized diamond is prop …

    TANSO 2015(266), 2-6, 2015

    J-STAGE 

  • Electrochemical ammonia oxidation on carbon supported multilayered shell-core noble metal particle catalysts  [in Japanese]

    Shirasaka Ryo , Kudo Eiji , Shiroishi Hidenobu , Saito Morihiro , Ota Hiraku , N.-Gamo Mika

    低温型ダイレクトアンモニア燃料電池に対する高活性アンモニア酸化触媒として,カーボン担持多層シェルコア型金属微粒子触媒をマイクロウェーブポリオール法と改良型Cu-UPD法またはエタノール還元法を組み合わせて調製し,触媒のアンモニア酸化能の評価を行った.Ptシェル/Irコア触媒について,様々なPtシェル厚の触媒を調製し,Ptシェル厚が薄いほどアンモニア酸化の過電圧が低くなることが明らかになった.また, …

    Technical report of IEICE. OME 114(383), 41-44, 2014-12-19

  • 繊維状ナノ炭素でできた球状炭素材料の合成 (特集 革新的先進材料の開発と応用)  [in Japanese]

    蒲生西谷 美香

    ケミカルエンジニヤリング = Chemical engineering 59(12), 945-950, 2014-12

  • Field Emission Characteristics of the Screen-Printed Marimo Carbon  [in Japanese]

    Aoki Toshiaki , Gamo Hidenori , Nakagawa Kiyoharu , Ando Toshihiro , Nishitani-Gamo Mikka

    我々のグループでは、酸化ダイヤモンド担体に_VIII_族遷移金属を担持した触媒を用いて、酸化ダイヤモンド-繊維状ナノ炭素複合体(通称マリモカーボン)の合成を試みている。マリモカーボンは、ダイヤモンドを核として、繊維状ナノ炭素がダイヤモンド表面から成長したマリモのような構造を有する炭素複合材料である。本研究では、スクリーン印刷法を用いてマリモカーボンをパターン化し、電界電子放出特性を測定した。

    Abstract of annual meeting of the Surface Science of Japan 29(0), 156-156, 2009

    J-STAGE 

  • Surface conductivity change by oxidation of the chemical vapor deposited diamond (001) surface

    Iwasaki Koji , Gamo Hidenori , Nishitani-Gamo Mikka , Nakagawa Kiyoharu , Ando Toshihiro

    気相合成ダイヤモンド表面は水素終端されている。水素終端ダイヤモンドは興味深い物性である表面伝導性を示す。さらに、酸素雰囲気下で加熱することによりダイヤモンド表面の水素が酸素に置き換わることが報告されている。ダイヤモンド表面物性を制御するために酸化温度と表面伝導性の関係を知ることは重要である。本研究では、ホモエピタキシャルダイヤモンド表面を酸化し、酸化温度に対する表面伝導性の変化を調べた。

    Abstract of annual meeting of the Surface Science of Japan 25(0), 90-90, 2005

    J-STAGE 

  • Liquid phase deposition of carbon nanomaterials by using a cobalt catalyst

    shibasaki takeshi , gamou hidenori , nakagawa kiyoharu , ando toshihiro , nishitani-gamo mika

    我々の研究グループでは、カーボンナノチューブ(Carbon NanoTube:CNT)をはじめとする新炭素系ナノ材料を合成する新しい方法として、固液界面接触分解を開発し、合成研究を進めている。この方法ではアルコール溶液中にて、簡単に、高速かつ高密度なカーボンナノチューブの成長を実現できる。本研究では触媒金属としてコバルトを使用した。そして炭素ナノ材料の反応制御ために生成物構造の合成条件に対する依存 …

    Abstract of annual meeting of the Surface Science of Japan 25(0), 29-29, 2005

    J-STAGE 

  • Synthesis of Carbon Nanomaterials from Decomposition of Light Hydrocarbon Using Transition Metal-Loaded Catalysts

    Kikuchi Mayuko , Nishitani-Gamo Mikka , Gamo Hidenori , Nakagawa Kiyoharu , Ando Toshihiro

    8族遷移金属担持酸化ダイヤモンド触媒を用いた低級炭化水素の接触分解反応により、水素生成と同時に、繊維状炭素が析出することが報告されている。本研究では、遷移金属を担持したシリカ、酸化ダイヤモンド触媒を用いて、低級炭化水素の接触分解反応によりナノ炭素材料合成を試みた。そして、担持触媒と反応条件が得られる炭素材料の種類および構造に及ぼす影響を検討した。

    Abstract of annual meeting of the Surface Science of Japan 25(0), 28-28, 2005

    J-STAGE 

Page Top