磯村 彰吾 Isomura Shogo

ID:9000313613573

仙台循環器病センター心臓血管外科 Department of cardiovascular surgery, Sendai cardiovascular center (2015年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A case of surgical treatment for arrhythmogenic right ventricular cardiomyopathy with bicuspid aortic valve  [in Japanese]

    Isomura Shogo , Hosoda Susumu , Shikawa Akira , Fujimori Kanichi , Uchida Tatsuro

    症例は58歳男性. ふらつき, 易疲労感を伴う完全房室ブロックでペースメーカー植え込み後5年目に血行動態の破綻を伴う持続性心室頻拍をきたし, ICDへバージョンアップした. 経過中に大動脈二尖弁を伴うⅢ度大動脈弁逆流症と診断され手術を施行した. 手術時, 肉眼的に右室壁運動の低下と右室流出路前壁の菲薄化・瘤化を認めた. 同部位を切除し, ペースマップ法で心室頻拍の起源を診断し同部位を凍結凝固し良好 …

    Shinzo 47(1), 70-75, 2015

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top