林 殷田 LIN In-Tian

ID:9000314383266

熊本大学自然科学研究科 Graduate School of Science and Technology, Kumamoto University (2015年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-2 of 2

  • Erratum:Research trend and direction for groundwater nitrate pollution study: an insight from Kumamoto area [Journal of Groundwater Hydrology Vol.57(2015)No.4 p.439-465]  [in Japanese]

    HOSONO Takahiro , SHIMADA Jun , LIN In-Tian , ALVAREZ Kelly , MORIMURA Shigeru , ZENG Xiang-Yong , MORI Koji , TAWARA Yasuhiro , MATSUNAGA Midori , HOSSAIN Shahadat

    第57巻第4号(2015年11月)に訂正事項がありました。お詫びの上,お知らせ致します。<br>訂正箇所(1):450ページ,図8 グラフの縦軸2か所<br>訂正箇所(2):461ページ右列,引用文献2~5行目

    Journal of Groundwater Hydrology 58(1), 117-118, 2015

    J-STAGE 

  • Research trend and direction for groundwater nitrate pollution study: an insight from Kumamoto area  [in Japanese]

    HOSONO Takahiro , SHIMADA Jun , LIN In-Tian , ALVAREZ Kelly , MORIMURA Shigeru , ZENG Xiang-Yong , MORI Koji , TAWARA Yasuhiro , MATSUNAGA Midori , HOSSAIN Shahadat

    熊本地域における地下水硝酸性窒素の由来ならびに帯水層中での硝酸イオンの振る舞いについて,最新の研究を通して明らかになってきた成果を解説する。特に,最新の同位体トレーサー法を駆使して解明されてきた,帯水層中における硝酸汚染の自然浄化機能として重要な脱窒現象の実態について解説する。合わせて,現在進行中の微生物培養実験,菌叢解析,不飽和帯土壌解析,地下水シミュレーションを応用した研究の進捗ついても紹介す …

    Journal of Groundwater Hydrology 57(4), 439-465, 2015

    J-STAGE 

Page Top