薗 潤 Sono Jun

ID:9000318139359

協和マリナホスピタル緩和ケア内科 Department of Palliative Medicine, Kyowa Marina Hospital (2016年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Validity and Usefulness of Applying Palliative Prognostic Score to Patients with Terminally Ill Hematological Malignancies  [in Japanese]

    Urahama Norinaga , Fujikawa Terumichi , Sono Jun , Yoshinaga Kazumasa

    【緒言】終末期悪性腫瘍患者の予後予測において,最も頻用されているツールの1つにPalliative Prognostic Score (PaP) がある.PaPの対象疾患は,腎がんを除く悪性固形腫瘍で,血液悪性疾患は除外されている.【目的】終末期血液悪性疾患に対してPaPを用いて予後予測することが,妥当で有用であることを明らかにする.【方法】当院ホスピス病棟に入院した終末期血液悪性疾患患者18例に …

    Palliative Care Research 11(1), 321-325, 2016

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top