大沢 愛子 Osawa Aiko

ID:9000323841980

独立研究開発法人国立長寿医療研究センターリハビリテーション科 (2016年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Functional Recovery from Aphasia and Speech Therapy  [in Japanese]

    Maeshima Shinichiro , Okamoto Sayaka , Okazaki Hideto , Sonoda Shigeru , Osawa Aiko

    失語症は,いったん獲得された言語機能が,言語領野の器質的病変によって障害を受けた状態をいう.失語症の回復は,発症直後から数カ月以上にわたってみられる.そのメカニズムとして,①損傷された機能領域の回復,②残存領域における機能の再構成,③対側半球による代償機能あるいは対側皮質の賦活などが考えられているが,発症からの時期によって異なる機序を示す可能性がある.失語症の治療として,種々の言語聴覚療法に加え, …

    The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine 53(4), 273-279, 2016

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top