滝澤 真理・義澤 宣明・河合 理城・宮武 裕和・平川 幸子・村上 佳菜・佐藤 理・高木 俊治 Mari Takizawa Nobuaki yoshizawa Masaki Kawai Hirokazu Miyatake Sachiko Hirakawa Kana Murakami Osamu Sato and Shunji Takagi

ID:9000326649094

(株)三菱総合研究所 (2016年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Consideration of the Estimations of the Internal Dose from Food after the FukushimaDaiichi Nuclear Power Plant Disaste  [in Japanese]

    Mari Takizawa Nobuaki yoshizawa Masaki Kawai Hirokazu Miyatake Sachiko Hirakawa Kana Murakami Osamu Sato and Shunji Takagi , Suzuki Gen , 河合 理城 [他]

    福島第一原子力発電所事故に起因する食品からの内部被ばく線量を推定するため,数々の機関がトータルダイエットスタディ(TDS)を実施している.本稿では,事故後に実施されたTDS の調査結果の推移に触れながら,TDS の手法の一つであるマーケットバスケット(MB)方式の調査結果に着目し,放射性セシウムの年あたりの預託実効線量の減少の傾向について考察する.

    Journal of Japan Society for Safety Enginennring 55(1), 26-33, 2016

    J-STAGE 

Page Top