山田 朋人 Yamada Tomohito

Articles:  1-20 of 33

  • 1 / 2
  • Recent Trends in Wave Climate and Wave Growth by an Explosive Cyclogenesis  [in Japanese]

    猿渡 亜由未 , 渡部 靖憲

    北海道地区自然災害科学資料センター報告 = Bulletin of the Natural Disaster Science Data Center, Hokkaido 31, 31-42, 2018-03

  • SEASONAL VARIABILITY OF WATER EXCHANGE AT THE ENTRANCE OF A SEMI-ENCLOSE BAY AND ITS UNDERLYING MECHANISMS  [in Japanese]

    岡田 信瑛 , 内山 雄介 , 多田 拓晃 , 遠藤 颯 , 馬場 康之 , 水谷 英朗 , 久保 輝広 , 森 信人 , 渡部 靖憲 , 大塚 淳一 , 山田 朋人 , 猿渡 亜由未 , 二宮 順一

    土木学会論文集. B2, 海岸工学 Journal of Japan Society of Civil Engineers. 土木学会海岸工学委員会 編 74(2), I_667-672, 2018

  • WAVES NEAR THE TSUGARU STRAIT ASSOCIATED WITH A STORM EVENT  [in Japanese]

    猿渡 亜由未 , 足立 天翔 , 宮武 誠 , 渡部 靖憲

    土木学会論文集. B2, 海岸工学 Journal of Japan Society of Civil Engineers. 土木学会海岸工学委員会 編 74(2), I_661-666, 2018

  • RESPONSE OF THE OCEAN SURFACE LAYER WITH BREAKING WAVES IN FETCH-LIMITED WIND CONDITIONS  [in Japanese]

    猿渡 亜由未 , 坂川 諒太 , 大塚 淳一 , 馬場 康之 , 久保 輝広 , 水谷 英朗 , 二宮 順一 , 山田 朋人 , 内山 雄介 , 森 信人 , 渡部 靖憲

    土木学会論文集. B2, 海岸工学 Journal of Japan Society of Civil Engineers. 土木学会海岸工学委員会 編 74(2), I_67-72, 2018

  • Field Measurements at Tanabe-Nakashima Observation Tower in the Summer of 2016  [in Japanese]

    馬場 康之 , 水谷 英朗 , 久保 輝広 , 内山 雄介 , 森 信人 , 渡部 靖憲 , 山田 朋人 , 猿渡 亜由未 , 大塚 淳一 , 二宮 順一

    京都大学防災研究所年報. B = Disaster Prevention Research Institute Annuals. B 60(B), 664-671, 2017-09

    IR 

  • Research about a Storm surge in cold region : Case in Nemuro harbor  [in Japanese]

    吉田 徹 , 橋本 茂樹 , 時沢 武史 , 小田 玲司 , 猿渡 亜由未 , 渡部 靖憲

    寒地技術論文・報告集 寒地技術シンポジウム 33, 229-234, 2017

  • CHARACTERIZATION OF THE THREE DIMENSIONAL DENSITY STRUCTURE IN THE TSUGARU STRAIT  [in Japanese]

    HOMMA Shoki , SARUWATARI Ayumi , MIYATAKE Makoto

    成層期の津軽海峡に発達する内部波の特徴について,三次元流れモデルによる数値解析に基き調査した.海峡東西の狭窄部における二つの海丘地形の下流側に形成される比較的大規模な内部振動は,海峡内で伝播,反射を繰り返し,本海域全体の内部構造を決定する重要な要因の一つとなっている.この振動は海峡から抜けて太平洋,日本海へも放射状に広がっている.また,北海道,青森沿岸には沿岸補足モードの内部波も確認された.強風に …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 73(2), I_67-I_72, 2017

    J-STAGE 

  • A development on power generating apparatus for ocean and tidal current in Tsugaru Strait  [in Japanese]

    EBIKO Tsubasa , MIYATAKE Makoto , KENCHI Toshiaki , SARUWATARI Ayumi

    Development of tidal and sea currents power generation in Tsugaru strait have been conducted through 2-dimentional flume. To generate power effectively in slow current range, the device was designed a …

    RESEARCH REPORTS OF NATIONAL INSTITUTE OF TECHNOLOGY, HAKODATE COLLEGE 51(0), 100-103, 2017

    J-STAGE 

  • Upper-ocean Dynamic Water-exchange at the Entrance of a Semi-enclose Bay under Stratified and unstratified Conditions  [in Japanese]

    内山 雄介 , 吉木 智軌 , 多田 拓晃 , 馬場 康之 , 水谷 , 久保 輝広 , 森 信人 , 猿渡 亜由未 , 大塚 淳一 , 二宮 順一 , 渡部 靖憲 , 山田 朋人

    金沢大学理工研究域環境デザイン学系半閉鎖性内湾である和歌山県田辺湾湾口部において,ADCP,塩分水温計などを用いた長期連続観測を行い,主に流動構造と海水交換特性に関する解析を行った.クロススペクトル解析結果から,流速鉛直構造と外力との対応については,表層付近の日周期変動には海上風が,成層期の混合層下部の半日周期変動には内部潮汐が,成層崩壊期の混合層全層では半日周期潮汐がそれぞれ寄与していることが分 …

    土木学会論文集B4(海岸工学) = Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 72(2), I_493-I_498, 2016-11-15

    IR  DOI 

  • A Study on Destruction of the Rmocline and Vertical Mixing Based on Field Measurement  [in Japanese]

    久保 慎也 , 二宮 順一 , 森 信人 , 馬場 康之 , 水谷 英朗 , 久保 輝広 , 内山 雄介 , 渡部 靖憲 , 山田 朋人 , 大塚 淳一 , 猿渡 亜由未

    金沢大学理工研究域環境デザイン学系台風イベント時の水温躍層の破壊・再形成のプロセスに着目して,観測データの解析を行うことでプロセスの経過について検討した.水温躍層は水域内の流動に大きな影響を与え,水質問題が生じる要因にもなるため,詳細な現象の把握が求められている.そこで本研究では,台風イベント時の観測データからブラント・バイサラ振動数およびリチャードソン数を算出し,成層の安定性を評価した.その結果 …

    土木学会論文集B2(海岸工学) = Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 72(2), I_487-I_492, 2016-11-15

    IR  DOI 

  • Survey Report for 2014 Nemuro storm surge  [in Japanese]

    渡部 靖憲 , 猿渡 亜由未

    北海道地区自然災害科学資料センター報告 = Bulletin of the Natural Disaster Science Data Center, Hokkaido 29, 23-34, 2016-03

  • Field Measurements at Tanabe-Nakashima Observation Tower in the Summer of 2016  [in Japanese]

    馬場 康之 , 水谷 英朗 , 久保 輝広 , 内山 雄介 , 森 信人 , 渡部 靖憲 , 山田 朋人 , 猿渡 亜由未 , 大塚 淳一 , 二宮 順一

    京都大学防災研究所年報 (60), 664-671, 2016

  • IN SITU MEASUREMENTS OF ATMOSPHERIC AEROSOL OVER THE OCEAN  [in Japanese]

    SARUWATARI Ayumi , NINOMIYA Junichi , WATANABE Yasunori , YAMADA Tomohito , OTSUKA Junichi , BABA Yasuyuki , MIZUTANI Hideaki , KUBO Teruhiro , UCHIYAMA Yusuke , MORI Nobuhito

    海から発生する波飛沫は大気-海洋間の熱,湿度,運動量の輸送量を決定すると共に,海塩粒子となって大気エアロゾルを構成することから,海上気象場に影響を与える重要なファクターの一つとなっている一方,その発生量は様々な要因に影響を受けることから精度良い見積もりが困難である.本研究では波飛沫発生量と気象,海象条件との関係を明らかにすることを最終的な目的とし,和歌山県田辺湾上において大気エアロゾルの粒子数密度 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. A2 (Applied Mechanics (AM)) 72(2), I_537-I_547, 2016

    J-STAGE 

  • ENERGY BALANCE FOR WAVES AROUND AN OWC WAVE ENERGY CONVERTER  [in Japanese]

    ONO Koshi , SARUWATARI Ayumi

    波力発電の実用化に向けた研究が現在数多く行われているが,波力発電事業を本格化する為には環境影響評価が適切に行われる必要がある.環境評価は装置周辺域の波浪変化を予測する事で評価できるが,装置周辺の波浪変形を適切に予測するモデルは現在のところ提案されておらず評価が適切に行われない場合がある.従って,本研究では不規則波浪の変形予測モデルを構築する事を主たる目標としている.本稿では,二次元造波水槽を用いた …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. A2 (Applied Mechanics (AM)) 72(2), I_575-I_582, 2016

    J-STAGE 

  • EFFECTS OF METEOROLOGICAL DISTURBANCES TO THE TIDAL AND OCEAN CURRENTS IN THE TSUGARU STRAIT  [in Japanese]

    HONMA Shoki , SARUWATARI Ayumi , MIYATAKE Makoto

    潮流海流発電の適地の一つとして期待されている津軽海峡において,夏秋期に発達する密度成層が流れ場に与える影響について検討するために,本研究では三次元数値流れモデルを用いた数値実験を行った.これによると密度成層の影響により,強風等の気象擾乱に起因する流れ場中の乱れた強化,延長する可能性について示した.また,本研究の対象期間中は密度成層の影響により内部波が発生しやすい条件が整っていたことが確認された.ま …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. A2 (Applied Mechanics (AM)) 72(2), I_583-I_591, 2016

    J-STAGE 

  • Application of a moving contact model for run-up waves to urban flooding process  [in Japanese]

    WATANABE Yasunori , SASAKI Risa , OYAIZU Haruhi , MAKITA Takuya , MORIOKA Koichi , SARUWATARI Ayumi

    本研究では,遡上波先端の水面境界条件となるムービングコンタクトライン接触角経験モデルをLevel-set法ベースの自由水面流れ計算に導入する数値モデルを提案し,遡上波流れの接触依存性をダムブレークテストで検証する.また,2011年東北津波の釜石市街への浸水過程を模擬する都市浸水モデル地形における津波の防潮堤からの越流,街路への貯留に起因する段波の生成と伝播,不透過街区への衝突,さらに交差点での遡上 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 72(2), I_67-I_72, 2016

    J-STAGE 

  • UPPER-OCEAN DYNAMICS AND WATER-EXCHANGE AT THE ENTRANCE OF A SEMI-ENCLOSE BAY UNDER STRATIFIED AND UNSTRATIFIED CONDITIONS  [in Japanese]

    UCHIYAMA Yusuke , NINOMIYA Junichi , WATANABE Yasunori , YAMADA Tomohito , YOSHIKI Tomomichi , TADA Hiroaki , BABA Yasuyuki , MIZUTANI Hideaki , KUBO Teruhiro , MORI Nobuhito , SARUWATARI Ayumi , OTSUKA Junichi

    半閉鎖性内湾である和歌山県田辺湾湾口部において,ADCP,塩分水温計などを用いた長期連続観測を行い,主に流動構造と海水交換特性に関する解析を行った.クロススペクトル解析結果から,流速鉛直構造と外力との対応については,表層付近の日周期変動には海上風が,成層期の混合層下部の半日周期変動には内部潮汐が,成層崩壊期の混合層全層では半日周期潮汐がそれぞれ寄与していることが分かった.一方,海水交換に対しては半 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 72(2), I_493-I_498, 2016

    J-STAGE 

  • A STUDY ON DESTRUCTION OF THERMOCLINE AND VERTICAL MIXING BASED ON FIELD MEASUREMENT  [in Japanese]

    KUBO Shinya , OTSUKA Junichi , SARUWATARI Ayumi , NINOMIYA Junichi , MORI Nobuhito , BABA Yasuyuki , MIZUTANI Hideaki , KUBO Teruhiro , UCHIYAMA Yusuke , WATANABE Yasunori , YAMADA Tomohito

    台風イベント時の水温躍層の破壊・再形成のプロセスに着目して,観測データの解析を行うことでプロセスの経過について検討した.水温躍層は水域内の流動に大きな影響を与え,水質問題が生じる要因にもなるため,詳細な現象の把握が求められている.そこで本研究では,台風イベント時の観測データからブラント・バイサラ振動数およびリチャードソン数を算出し,成層の安定性を評価した.その結果,密度成層期には,まず高波浪により …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 72(2), I_487-I_492, 2016

    J-STAGE 

  • STATISTICAL RISK ANALYSIS OF STORM SURGE BY AN EXTRATROPICAL CYCLONE IN WINTER  [in Japanese]

    SARUWATARI Ayumi , TAKEE Toshihiro , WATANABE Yasunori

    発生頻度の増加が指摘されている冬季の爆弾低気圧は,2014,2015年に相次いで根室で高潮被害をもたらすなど,台風とは異なる新たな高潮外力として対策が求められている.本研究では根室湾付近を通過する冬季の温帯低気圧による高潮リスクを,アンサンブル気象場による高潮発達過程の三次元数値計算結果を基に,統計的に評価する.高潮発達過程における湾内の流れ場は,海上風と湾奥方向への水位勾配により駆動され,外洋に …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 72(2), I_247-I_252, 2016

    J-STAGE 

  • Marine observation with disdrometer under strong wind condition  [in Japanese]

    Okachi Hiroki , Ninomiya Junnichi , Uchiyama Yuusuke , Yamada Tomohito , Watanabe Yasunori , Saruwatari Alum , Otuka Junichi , Mori Nobuhito , Baba Yasuyuki , Mizutani Hideaki , Kubo Teruhiko

    地球温暖化に伴う海面の上昇は,台風の頻度と強度,及び他の極端現象と関係を有する.既往研究は,海上に生じる飛沫が台風の発達に寄与することを示した.しかし飛沫の影響及び発生メカニズムは不明点があり,現在広く使用されている気象モデル及び天気予報には飛沫の影響は考慮されていない.そこで発表者らは飛沫の正確な観測データから解析を行い不明点を解明するべく,ピストン式造波装置付き水路を用いた風洞実験を行っている …

    Proceeding of Annual Conference 29(0), 35, 2016

    J-STAGE 

  • 1 / 2
Page Top