井上 真秀

ID:9000345235207

埼玉医科大学国際医療センター (2014年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • 脳血管障害患者における脳損傷部位と深部白質病変によるPusher現象の重症度の差異  [in Japanese]

    藤野 雄次 , 網本 和 , 深田 和浩 , 井上 真秀 , 蓮田 有莉 , 高石 真二郎 , 牧田 茂 , 高橋 秀寿

    【はじめに】ヒトは生来,前庭,視覚,体性感覚からの情報入力とその統合により,空間における垂直性が保障されている。脳血管障害患者では,この既得の垂直認知が変容することにより平衡機能障害が生じ,特にPusher現象はADLを著しく阻害する症候であるため病巣分析や治療の開発が重要とされる。このPusher現象の生起には島後部や中心後回,視床後外側部などが関与することが明らかにされている(Abe et a …

    Congress of the Japanese Physical Therapy Association 2013(0), 0756, 2014

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top