越智 崇文 OCHI Takafumi

ID:9000345267258

帝京大学薬学部毒性研究室 Laboratory of Toxicology, Faculty of Pharma-Science, Teikyo University (2016年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Effects of BubR1, a component of spindle assembly checkpoint protein, on mitotic cell accumulation induced by anti-microtubule agents  [in Japanese]

    KITA Kayoko , HARADA Yuko , SUZUKI Toshihide , OCHI Takafumi

    【目的】細胞分裂期(M期)には複製された娘染色体が均等に分配されるために紡錘体チェックポイント機構が作動することが知られている。この時、紡錘体チェックポイントの構成因子であるBubR1がリン酸化し、微小管とキネトコアの結合や両極からの張力などが正しく行われているか監視される。これまで当研究室では、ヒ素のメチル化代謝物であるチオ-ジメチルアルシン酸が紡錘体チェックポイントを作動させ、細胞をM期に蓄積 …

    Annual Meeting of the Japanese Society of Toxicology 43.1(0), P-163, 2016

    J-STAGE 

Page Top