村上 昌平 MURAKAMI Shohei

ID:9000345268217

東北大学 加齢医学研究所 遺伝子発現制御分野 Department of Gene Expression Regulation, Institute of Development, Aging and Cancer, Tohoku University (2016年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • NRF2 is a key target for prevention of Noise-Induced hearing loss by reducing oxidative damage of cochlea  [in Japanese]

    HONKURA Yohei , KAWASE Tetsuaki , KATORI Yukio , MOTOHASHI Hozumi , MATSUO Hirotaka , MURAKAMI Shohei , SAKIYAMA Masayuki , MIZUTARI Kunio , SHIOTANI Akihiro , YAMAMOTO Masayuki , MORITA Ichiro , SHINOMIYA Naruyoshi

    転写因子NRF2は酸化ストレスによる組織障害からの防御機構を担う重要な制御因子である。最近の報告から、強大音曝露によってもたらされる内耳性聴覚障害は、虚血再還流による酸化ストレスの増加がもたらす組織障害であることが明らかにされた。すなわち、強大音に曝露されている間は内耳の血流量が減少し、曝露後にその回復が起こることにより、活性酸素種が発生し組織障害・細胞機能の低下が生じる。我々は、NRF2の活性化 …

    Annual Meeting of the Japanese Society of Toxicology 43.1(0), S13-3, 2016

    J-STAGE 

Page Top