仁科 晴貴 NISHINA Haruki

ID:9000345274525

中国電力株式会社 エネルギア総合研究所 (2016年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • EVALUATION OF GCA COVERING METHOD UTILIZED TO HABITAT BASIS OF BIVALVES IN SEDIMENTS WHICH SLUDGE DEPOSITED  [in Japanese]

    NAKAMOTO Kenji , INOUE Tomoko , NISHINA Haruki , HINO Kazutoshi , HIBINO Tadashi

    広島湾沿岸域では,還元有機泥が堆積し底質環境の悪化を招いている干潟がある.この底質改善に石炭火力発電所から産出される石炭灰を造粒・固化した海砂代替材(石炭灰造粒物)が覆砂材として活用され,底質改善に併せてアサリ生息基盤の回復が期待されている.しかし,石炭灰造粒物はアサリ生息基盤としての適用性は十分明らかにされていない.本研究では,還元有機泥が堆積する干潟へ石炭灰造粒物を覆砂した場合のアサリ生息基盤 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B3 (Ocean Engineering) 72(2), I_1099-I_1104, 2016

    J-STAGE 

Page Top