大山 孝雄 OHYAMA Takao

ID:9000345339037

平成記念病院消化器・乳腺外科 Department of Surgery, Heisei Memorial Hospital (2016年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A Case of Leiomyoma Originating from the Round Ligament of the Uterus Performed Laparoscopic Surgery  [in Japanese]

    NAKAGAWA Kenji , OHYAMA Takao

    症例は42歳,女性.右鼠径部腫瘤を主訴に受診し,右鼠径ヘルニアの診断で腹腔鏡下手術を施行した.腹腔内の観察ではヘルニア門を認めなかったが,腹膜前腔を剥離したところ内鼠径輪と右鼠径管内に子宮円靱帯から連続する腫瘍性病変を認めた.子宮円靱帯原発腫瘍と診断し,腹腔鏡下に腫瘍を切除しメッシュで後壁補強を行った.病理組織学的所見で平滑筋腫と診断した.子宮円靱帯原発腫瘍の報告例は少なく,腹腔鏡手術を施行したの …

    Nihon Rinsho Geka Gakkai Zasshi (Journal of Japan Surgical Association) 77(7), 1827-1830, 2016

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top