長尾 知行 Nagao Tomoyuki

ID:9000345435418

名古屋大学大学院医学系研究科循環器内科学 (2015年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A case of Andersen syndrome with appropriate ICD shock  [in Japanese]

    Ishikawa Shinji , Yoshida Naoki , Hirai Makoto , Murohara Toyoaki , Inden Yasuya , Ito Tadahiro , Mizutani Yoshiaki , Nagao Tomoyuki , Okumura Satoshi , Kato Hiroyuki , Yanagisawa Satoshi , Yamamoto Toshihiko

    <p> 症例は26歳, 女性. 小学校検診にて多型性心室頻拍を指摘. 2004年に意識消失, 周期性四肢麻痺も出現した. 2005年に遺伝子解析を行いAndersen症候群と診断される. 2008年より当院に転院, 同年に植込み型除細動器 (ICD) 植え込み術を施行された. 以降内服により経過安定していたが, 2014年7月に自宅でICD作動し家人に連絡後意識消失, その後心室細動 …

    Shinzo 47(SUPPL.1), S1_153-S1_157, 2015

    J-STAGE 

Page Top