加藤 大星 Kato Taisei

ID:9000346933521

日本医科大学耳鼻咽喉科 Department of Oto-Rhino-Laryngology, Nippon Medical School (2017年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Diagnostic procedure and prediction of prognosis of the asymmetry of the lip after parotidectomy  [in Japanese]

    Yokoshima Kazuhiko , Nakamizo Munenaga , Inai Shunta , Sakanushi Atsuko , Kato Taisei , Okubo Kimihiro

    頭頸部手術において,顔面神経下顎辺縁枝の機能温存は,術後QOLを保つために大切である。また,その結果のフィードバックは手技向上のためにも重要である。本研究では,術後の口唇運動麻痺の多様性とその評価について検討した。<br>2013年以降に手術を行った耳下腺良性疾患100例を対象に,口角下制時,口唇突き出し時の口唇運動の左右差を評価した。<br> 口唇下制の左右差は36例で確 …

    JOURNAL OF JAPAN SOCIETY FOR HEAD AND NECK SURGERY 26(3), 363-366, 2017

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top