田中 源重 TANAKA Motoshige

Articles:  1-1 of 1

  • Skin necrosis occurred 17 years after implantation of the spinal cord stimulation device  [in Japanese]

    TANAKA Motoshige , KIDO Haruki , MORIMOTO Kenji , FUJIWARA Shunsuke , KUWAMURA Ayumu , MINAMI Toshiaki

    症例は70歳の男性.Failed back surgery syndromeによる腰下肢痛に対して,脊髄刺激装置の植え込みを施行した.1年間は有効であったが,その後,効果が減弱したため使用していなかった.17年後に刺激装置よりやや頭側の皮膚が壊死となった.金属アレルギーの検索は行っていないが,刺激装置が尾側に移動し,エクステンションの物理刺激が皮膚壊死の原因と考えられた.刺激装置の植え込み後も,鎮 …

    Journal of Japan Society of Pain Clinicians 24(1), 32-34, 2016

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top