久保 喜平 KUBO Kihei

ID:9000347049860

大阪府立大学 大学院生命環境科学研究科 獣医放射線学 Veterinary Radiology, Graduate School of Life and Environmental Sciences, Osaka Prefecture University (2009年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • The level of a canine monofunctional thymine glycol-DNA glycosylase activity

    YAMAMOTO Ryohei , MATSUYAMA Satoshi , IDE Hiroshi , YAMAMOTO Kazuo , KUBO Kihei

    恒常的に発生しているDNAピリミジンの酸化損傷は、腫瘍形成の原因となり、その多くはシングルヌクレオチド塩基除去修復(SN-BER)によって修復されると考えられている。SN-BERを開始する酸化ピリミジンDNAグリコシラーゼとして、哺乳類ではendonuclease IIIとendonuclease VIIIのそれぞれのホモログ(Nthl1とNeil1)が知られており、主要な酸化ピリミジン除去活性を …

    The Japan Radiation Research Society Annual Meeting Abstracts 2009(0), 118-118, 2009

    J-STAGE Ichushi Web

Page Top