松多 信尚 MATSUTA Nobuhisa

ID:9000347156365

名古屋大学 Nagoya University (2013年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Difference of the tsunami height according to type of the coastal landforms in the case of the 2011 Tohoku-oki tsunami and historical tsunamis

    MATSUTA Nobuhisa , SUGITO Nobuhiko , SENDA Yoshimichi , HORI Kazuaki , ISHIGURO Satoshi , UCHIDA Chikara , SUZUKI Yasuhiro

    はじめに: 津波高・遡上高分布は分布範囲と高い値が重視され,遡上高のばらつきは注目されない.東北地方太平洋沖地震では,日本地理学会災害対応本部津波被災マップ作成チーム(2011)や東北地方太平洋沖地震津波合同調査グループ(2011)などによって浸水範囲,津波高,遡上高が公表されている.津波の遡上高に着目すると,隣り合う谷ごとで遡上高は大きく異なる.我々はその原因が海岸線付近の地形特性と津波の性質の …

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2013a(0), 100091, 2013

    J-STAGE 

Page Top