武藤 朋子 MUTOU Tomoko

ID:9000347193987

化合物安全研究所 毒性・病理 Toxicology and Pathology Res., SRICC, Japan (2015年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Male Sprague-Dawley rats exposed in utero to di(n-butyl) phthalate: Dose dependent and age-related morphological changes in Leydig cell mitochondria  [in Japanese]

    MOTOHASHI Masaya , MUTOU Tomoko , TAKAHASHI Hiroyuki , IKEGAMI Masahiro , WAKUI Shin

    プラスチックの可塑剤や接着剤、医療器具等の原料として、現在でも広く使用されているdi(n-butyl) phthalate (DBP)は、ヒトおよびげっ歯類に発育障害・代謝障害・生殖障害等を誘起する内分泌撹乱化学物質であり、成獣・雄ラットにDBPを投与すると精巣の退行変性が誘起される。我々はDBP胎生期暴露次世代ラットの生後成獣期までの精巣Leydig細胞の超微形態学的変化について検討を行ってきた …

    Annual Meeting of the Japanese Society of Toxicology 42.1(0), P-8, 2015

    J-STAGE 

Page Top