早川 磨紀男 HAYAKAWA Makio

ID:9000347194021

東京薬科大学薬学部衛生化学教室 Department of Hygiene and Health Sciences, Tokyo University of Pharmacy and Life Sciences, School of Pharmacy (2015年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Development of cancer chemotherapeutics that cause minimal side effects-"Does cancer cell cling to life?"  [in Japanese]

    YOKOKAWA Rina , SAKURAI Ryo , HIGURASHI Hideaki , FUJINO Tomofumi , HAYAKAWA Makio

    癌細胞のみに毒性をおよぼし、正常細胞にダメージを与えない治療手段の開発は必要である。今回、我々は癌細胞特異的にCDK inhibitor p21/Cip1の発現を増大させ、癌細胞増殖を抑制し得る生体内因子を探索する過程で、抗老化因子SIRT1のノックダウンによって、p21/Cip1のレベルが一旦増大するもののその後低下し、癌細胞増殖抑制効果が減弱する現象を見出した。このp21/Cip1レベル低下を …

    Annual Meeting of the Japanese Society of Toxicology 42.1(0), P-82, 2015

    J-STAGE 

Page Top