Hisao ISII

Articles:  1-1 of 1

  • Criticism of Japanese modern text  [in Japanese]

    石井 久雄 , Hisao ISII

    本文批判は基本的には古代語文献に関するものであるが,現代語についても必要であることを示唆し,あわせて,「本文」の概念の規代における成長を指摘する。(1)古代語文献の本文批判は,池田亀鑑の業績によって期を画されている。それ以前の本文は,校訂者の主観的な改訂をともなって提示されるのがつねであったが,それ以後は,文献学の成果にもとづき,良質な翻刻および校訂本文が提示されてきている。(2)現代語文献の本文 …

    研究報告集 = Occasional Papers (9), 1-25, 1988-03

    IR  DOI 

Page Top