鈴鹿短期大学

Articles:  1-11 of 11

  • The Comparative Study of Three Kinds of Pickled Fish with Rice "Narezushi"  [in Japanese]

    成田 美代 , 水谷 令子 , 久保 さつき , 松本 亜希子 , Miyo NARITA , Reiko MIZUTANI , Satsuki KUBO , Akiko MATSUMOTO , 三重大学 , 鈴鹿短期大学 , 鈴鹿短期大学 , 鈴鹿短期大学 , / SUZUKA JUNIOR COLLEGE , SUZUKA JUNIOR COLLEGE , SUZUKA JUNIOR COLLEGE

    In this paper, three kinds of pickled fishes with rice prepare in home were compaired. One of them has been prepare in Shiga prefecture using crucian which are catched in environ of the lake Biwa and …

    鈴鹿短期大学紀要 = Journal of Suzuka Junior College (18), 71-81, 1998-01-01

    IR 

  • Investigations of Temperature Conditions on the Freezing Bread Dough Method  [in Japanese]

    久保さつき , 水谷 令子 , 杉本 卓也 , Satsuki KUBO , Reiko MIZUTANI , Takuya SUGIMOTO , 鈴鹿短期大学 , 鈴鹿短期大学 , 日本油脂株式会社 , RESERCH COMMITTEE OF SUZUKA JUNIOR COLLEGE , RESERCH COMMITTEE OF SUZUKA JUNIOR COLLEGE /

    冷凍パン生地製造時の問題点を解決することを目的とし,パン生地の冷凍・貯蔵・解凍条件について検討を行った。冷凍は急速冷凍(-60℃),緩慢冷凍(-20℃)の2方法,貯蔵は-40℃貯蔵,-20℃貯蔵の2方法,解凍は低温解凍(5℃),室温解凍(4℃),高温解凍(38℃)の3方法で調製した生地について検討したところ,以下の結果が得られた。4週間冷凍貯蔵後のパンの比容積は,緩慢冷凍した生地から調製すると著し …

    鈴鹿短期大学紀要 = Journal of Suzuka Junior College (15), 173-183, 1995-01-01

    IR  Cited by (2)

  • Studies for the Improvement of Quality on Frozen Bread Dough  [in Japanese]

    水谷 令子 , 久保 さつき , 川村 吉也 , Reiko MIZUTANI , Satsuki KUBO , Yoshiya KAWAMURA , 鈴鹿短期大学 , 鈴鹿短期大学 , 中埜酢店中央研究所 , RESERCH COMMITTEE OF SUZUKA JUNIOR COLLEGE , RESERCH COMMITTEE OF SUZUKA JUNIOR COLLEGE /

    大豆レシチンと活性グルテンを超音波処理する方法で調製した複合体を,パン生地調製時に添加することによって,生地を冷凍貯蔵した後でもその生地から調製したパンの品質は良好である。本研究では,この複合体の冷凍生地に対する効果,すなわち複合体の冷凍障害防止効果の機構を調べるために行なわれた。複合体の酵母に対する効果につては生地内発酵能,すなわち炭酸ガスの生成能を,生地自体に対する効果は生地の粘着性を測定して …

    鈴鹿短期大学紀要 = Journal of Suzuka Junior College (15), 185-193, 1995-01-01

    IR 

  • Utilization of Emzymes for Baking  [in Japanese]

    久保さつき , 水谷 令子 , Satsuki KUBO , Reiko MIZUTANI , 鈴鹿短期大学 , 鈴鹿短期大学 , RESERCH COMMITTEE OF SUZUKA JUNIOR COLLEGE , RESERCH COMMITTEE OF SUZUKA JUNIOR COLLEGE

    製パン性における酵素添加の影響を明らかにすることを目的とし,パン生地(ドウ)の物性およびパンの品質評価の研究を行った。細菌由来のα-アミラーゼを用いて検討したところ,次の結果が得られた。パン比容積は酵素添加による増大効果が見られなかった。パン内相の物性は酵素添加により柔らかく,弾性的になった。また,フロア時間の短縮化,老化防止の効果も見られた。ドウの物性は,動的粘弾性,粘着性ともに酵素添加による影 …

    鈴鹿短期大学紀要 = Journal of Suzuka Junior College (14), 11-19, 1994-02-01

    IR  Cited by (1)

  • Effect of Mixing Temperature on Frozen Bread Dough  [in Japanese]

    久保 さつき , 水谷 令子 , Satsuki KUBO , Reiko MIZUTANI , 鈴鹿短期大学 , 鈴鹿短期大学 , RESERCH COMMITTEE OF SUZUKA JUNIOR COLLEGE , RESERCH COMMITTEE OF SUZUKA JUNIOR COLLEGE

    パン生地における冷凍障害の機構を分子レベルで明らかにすることを目的とし,冷凍パン生地における混捏温度の影響を膨化及び酵母のアルコール発酵能について実験を行った。パン酵母は,冷凍耐1生のものと冷凍感受性のものを使用し,冷凍方法は一般に製パン業界で行われている方法を用いて検討したところ,次の結果が得られた。パン生地を冷凍すると,混捏温度が高いほどパン生地が一定体積に達するまでに要する時間が長くなった。 …

    鈴鹿短期大学紀要 = Journal of Suzuka Junior College (13), 243-249, 1993-02-01

    IR 

  • Damage of Bread Dough by Freezing  [in Japanese]

    久保 さつき , 水谷 令子 , Satsuki KUBO , Reiko MIZUTANI , 鈴鹿短期大学 , 鈴鹿短期大学 , SOCIETY OF SCIENCE RESERCH OF SUZUKA JUNIOR COLLEGE , SOCIETY OF SCIENCE RESERCH OF SUZUKA JUNIOR COLLEGE

    パン生地における冷凍障害の機構を分子レベルで明らかにすることを目的とし,パン酵母の耐冷凍性および冷凍パン生地における膨化・酵母の発酵能,パンの品質評価の研究を行った。パン酵母について,冷凍耐性のものと冷凍感受性のものを用いて検討したところ,次の結果が得られた。酵母を温度条件を変えて培養後,冷凍すると,酵母は次第に死滅していった。この現象は冷凍貯蔵前の培養温度が高く培養時間が長いほど顕著であった。ま …

    鈴鹿短期大学紀要 = Journal of Suzuka Junior College (12), 63-72, 1992-02-01

    IR 

  • Discussin of the Measurement Methods of the Rheological Property on Bread  [in Japanese]

    岡野 節子 , 久保 さつき , 岩崎 ひろ子 , Setsuko OKANO , Satsuki KUBO , Hiroko IWASAKI , 鈴鹿短期大学 , 鈴鹿短期大学 , 鈴鹿短期大学 , SOCIETY OF SCIENCE RESERCH OF SUZUKA JUNIOR COLLEGE , SOCIETY OF SCIENCE RESERCH OF SUZUKA JUNIOR COLLEGE , SOCIETY OF SCIENCE RESERCH OF SUZUKA JUNIOR COLLEGE

    パンの品質評価は,外観と内相の評価点を合計して議論されるが,中でも内相の感触の評価点の比重が大きく,内相のやわらかさ,弾力性など物性の寄与が大きいと言える。すなわち,パンの品質評価には力学的性質の情報を正確に得ることが大変重要である。そこで,私達はレオメーターを用いたパンの物性測定の条件設定に必要な予備的資料を得ることを目的として,いくつかの実験を行った。圧縮試験により,圧縮方向,試料の厚さ,試料 …

    鈴鹿短期大学紀要 = Journal of Suzuka Junior College (12), 55-61, 1992-02-01

    IR 

  • Studies on Smoking of Hamachi  [in Japanese]

    久保 さつき , 岩崎 ひろ子 , 岡野 節子 , 水谷 令子 , Satsuki KUBO , Hiroko IWASAKI , Setsuko OKANO , Reiko MIZUTANI , 鈴鹿短期大学 , 鈴鹿短期大学 , 鈴鹿短期大学 , 鈴鹿短期大学

    (1)ハマチをソフトスモークにするための基礎的な実験を行った。(2)ハマチを20%の食塩水中で漬け(たて塩法),流水中で3時間塩抜き後1時間風乾した。この時塩分は約2.2%,水分は約68%であった。(3)20℃以下で24時間燻煙すると水分量は生ハマチより約10%減少し,製品には煙香がよく付き,色,口当りともに良好であった。(4)細菌数は燻煙時間が長くなるにしたがい減少し,30日保存した後も変質しな …

    鈴鹿短期大学紀要 = Journal of Suzuka Junior College (11), 143-146, 1991-01-01

    IR 

  • Studies on Salting of Hamachi  [in Japanese]

    岡野 節子 , 久保 さつき , 岩崎 ひろ子 , 水谷 令子 , Setsuko OKANO , Satsuki KUBO , Hiroko IWASAKI , Reiko MIZUTANI , 鈴鹿短期大学 , 鈴鹿短期大学 , 鈴鹿短期大学 , 鈴鹿短期大学

    ハマチの燻製を製造するための前処理としての塩漬け法と塩抜き法の検討を行った。(1)ハマチを塩漬けすると部位によって吸塩量に違いが見られた。すなわち,頭部,腹部の吸塩量が少なく,尾部で多かった。(2)塩漬け中の水分は5時間までは減少するが,その後の変化はほとんど見られず,たて塩法で脱水は少なかった。(3)塩抜きした時点では,ため水法の方がわずかに多く塩が抜けた。

    鈴鹿短期大学紀要 = Journal of Suzuka Junior College (11), 135-142, 1991-01-01

    IR 

  • Solubilities of Wheat Flour Gluten  [in Japanese]

    久保 さつき , 水谷 令子 , Satsuki KUBO , Reiko MIZUTANI , 鈴鹿短期大学 , 鈴鹿短期大学

    鈴鹿短期大学紀要 = Journal of Suzuka Junior College (10), 19-25, 1990-01-01

    IR 

  • Effect of Sodium Chloride on Protein Aggregation of Wheat Flour  [in Japanese]

    久保 さつき , 松村 しのぶ , 水谷 令子 , Satsuki KUBO , Shinobu MATSUMURA , Reiko MIZUTANI , 鈴鹿短期大学 , 鈴鹿短期大学 , 鈴鹿短期大学

    鈴鹿短期大学紀要 = Journal of Suzuka Junior College (9), 115-121, 1989-01-01

    IR 

Page Top