大木 淳之 O. Atsushi

ID:9000347910609

北海道大学 北海道大学 (2017年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 37

  • 1 / 2
  • Time-series observation of volatile organobromine compounds and isoprene in the Funka bay  [in Japanese]

    Ootsu Masashi , Ooki Atsushi , Nomura Daiki

    <p>北海道噴火湾にて、2014-16年に渡り、表面0 mから底層90 mまでの計14層において、計24回の海洋観測を行った。ジブロモメタンCH<sub>2</sub>Br<sub>2</sub>、ブロモホルムCHBr<sub>3</sub>、イソプレンC<sub>5</sub>H<s …

    Abstracts of Annual Meeting of the Geochemical Society of Japan 64(0), 230, 2017

    J-STAGE 

  • The Spatial and Vertical Distributions of a Spring Phytoplankton Community along 155°E in the Western North Pacific : An In Situ Multi-Excitation Fluorometer Analysis  [in Japanese]

    Matsumoto Kentaro , Arima Daichi , Matsuno Kohei , Yamasaki Yasuhiro , Onishi Hiroji , Ooki Atsushi , Hirawake Toru , Yamaguchi Atsushi , Imai Ichiro

    海洋において植物プランクトンは重要な一次生産者であり,植物プランクトンの現存量や分類群組成は,捕食者である動物プランクトンや,浮魚類など高次生物に大きな影響を及ぼす(Lalli and Parsons,1997)。北太平洋亜寒帯海域において,春になると植物プランクトンは冬季の鉛直混合により,有光層以深から供給された栄養塩を用いて,活発に光合成を行う(Longhurst,2006)。北太平洋亜寒帯域 …

    北海道大学水産科学研究彙報 66(1), 29-38, 2016-03

    DOI  JASI 

  • Production and sea-to-air flux of organic iodine gases associated with degradation of organic matter after diatom bloom in coastal sea area  [in Japanese]

    Shimizu Yusaku , Ooki Atsushi , Kuma Kenshi , Onishi Hiroji , Kamei Yoshihiko , Kobayashi Naoto

    CH<SUB>2</SUB>I<SUB>2</SUB>、C<SUB>2</SUB>H<SUB>5</SUB>Iなど揮発性有機ヨウ素化合物(volatile organoiodine compound:VOI)は、海から大気へヨウ素を供給するキャリアーとして機能する。本研究では、VOIと生物生産性や有機物 …

    Abstracts of Annual Meeting of the Geochemical Society of Japan 62(0), 89, 2015

    J-STAGE 

  • Time series observation of volatile organoiodide compounds in Funka Bay, Hokkaido  [in Japanese]

    Shimizu Yusaku , Ooki Atsuhi , Kuma Kenshi , Oonishi Hiroji , Kamei Yoshihiko , Kobayashi Naoto

    CH<SUB>2</SUB>I<SUB>2</SUB>などの海水中の揮発性有機ヨウ素化合物(Volatile organoiodine compound;VOI)は、海洋から大気へのヨウ素の主なキャリアーとして知られるが、生成過程などは明らかになっていない。本研究では、VOIと生物生産性や有機物分解との関係を明らかにするため、VOIと生物化学パラメー …

    Abstracts of Annual Meeting of the Geochemical Society of Japan 61(0), 202, 2014

    J-STAGE 

  • Disitribution of hydrogen peroxide in the Arctic Ocean  [in Japanese]

    Kondo Yoshiko , Obata Hajime , Ooki Atsushi , Yamashita Youhei , Nishioka Jun , Kuma Kenshi

    過酸化水素は、大気中ではその酸性度を高める物質として、海水中では微量金属の酸化還元反応や溶存有機物の循環および微生物群集の生物生産に影響を与える因子として重要な物質である。海水中の過酸化水素のソースとシンクは光化学反応や生物活動と密接に関わるためその挙動は動的で一様ではない。これまで、海洋における過酸化水素の分布は外洋域・沿岸域様々な海域で報告されているが、北極海におけるデータは限られている。本発 …

    Abstracts of Annual Meeting of the Geochemical Society of Japan 61(0), 199, 2014

    J-STAGE 

  • Biogeochemical study using icebreaker for sea ice and polar oceans  [in Japanese]

    Nomura Daiki , Nishioka Jun , Kawai Michiyo , Ooki Atsushi , Tamura Takeshi

    我が国におけるこれまでの海氷研究は、主に物理過程を明らかにすることに主眼が置かれ、海氷の物理的動態を実測や衛星観測、モデリングから明らかにする研究が精力的に進められてきた。一方で、海氷に関わる化学過程や生物過程に関しては、これまで十分な研究が展開されていなかった。海氷の生成が生み出す独特の海洋循環を介して、他海域の物質循環にまで多大な影響を与えているシステムの存在が指摘されており、これらのシステム …

    Abstracts of Annual Meeting of the Geochemical Society of Japan 61(0), 132, 2014

    J-STAGE 

  • Seasonal variations of bromoform distribution in the Funka Bay  [in Japanese]

    Ooki Atsushi , Miwa Kazuji , Onishi Hiroji , Kamei Yoshihiko , Kobayashi Naoto , Kuma Kenshi

    Bunseki Kagaku 62(12), 1071-1078, 2013-12

  • Spatial distributions of volatile organic iodine in seawater from the Southern ocean to the Arctic Ocean  [in Japanese]

    Ooki Atsushi , Kawasaki Shuho , Kuma Kenshi , Yokouchi Youko

    2008~2012年にJAMSTECの研究船白鳳丸、淡青丸、みらい、北海道大学水産学部練習船うしお丸にて、南大洋とインド洋、北西太平洋、ベーリング海、北海道噴火湾で海洋観測を実施した。シリコンチューブ式気液平衡器と自動大気濃縮器-ガスクロマトグラフ-質量分析計(GC-MS)を研究船に搭載して、VOI(ヨウ化メチル、ヨウ化エチル、クロロヨードメタン、ジヨードメタン)とイソプレンの海水中分圧を連続モニ …

    Abstracts of Annual Meeting of the Geochemical Society of Japan 60(0), 214, 2013

    J-STAGE 

  • Seasonal Variations of Bromoform Distribution in the Funka Bay  [in Japanese]

    OOKI Atsushi , MIWA Kazuji , ONISHI Hiroji , KAMEI Yoshihiko , KOBAYASHI Naoto , KUMA Kenshi

    2011年10月から2012年8月まで約2か月ごとに北海道噴火湾(内浦湾)で海洋観測を行った.海岸と沿岸,海盆域で海水を採取し揮発性有機ハロゲン化合物(ハロカーボン)の濃度をガスクロマトグラフ質量分析計にて測定した.海洋が主要起源と考えられているブロモホルムの濃度分布を捉え,同一水塊での濃度変化から起源推定を行った.植物プランクトンの大増殖が起こる3月から4月にかけて噴火湾海盆域では,ブロモホルム …

    BUNSEKI KAGAKU 62(12), 1071-1078, 2013

    J-STAGE 

  • Sea to air flux of iodinated halocarbons in NW Pacific and Indian oceans

    OOKI Atsushi , Yokouchi Yoko

    2008年1月~2010年6月に北光丸(HK08-1)、白鳳丸(KH-08-2、KH-09-5、KH-10-1)、淡青丸(KT-09-5)で北西太平洋と南北インド洋で揮発性の有機ヨウ素化合物のフラックス測定を行った。夏季の亜寒帯・亜熱帯はCH3IのフラックスがCH2ClIの10倍以上に達した。いっぽう、春季ブルーム域、秋~冬季の亜熱帯・亜寒帯域ではCH2ClIの寄与が大きくなる傾向が見られた。海水 …

    Abstracts of Annual Meeting of the Geochemical Society of Japan 58(0), 270-270, 2011

    J-STAGE 

  • Measurements of brominated halocarbons in the mixed water region of NW-Pacific

    Ooki Atsushi , Yokouchi Yoko

    2008~2009年(冬、春、夏)に北西太平洋の親潮-黒潮混合域で大気と海水中の臭素系ハロカーボン分圧の測定を行った。1月に北海道沿岸で海水中のブロモホルム分圧が上昇したのは大型藻類に由来すると考えられる。春季ブルーム時期の5月は外洋域で海水中の分圧が比較的高く、これは植物プランクトンに由来すると考えられる。また、5月は海水に比べて大気中のブロモホルム分圧の方が高かった。表面海水中のブロモホルム分 …

    Abstracts of Annual Meeting of the Geochemical Society of Japan 56(0), 325-325, 2009

    J-STAGE 

  • 2C1116 Measurements of non-methane hydrocarbons at Fukue-Island and analyses of photochemical impacts on hydrocarbon ratios(1 Space-5 East Asia,General Presentations)  [in Japanese]

    YOKOUCHI Yoko , TAKAMI Akinori , OOKI Atsushi , NOZOE Susumu , SADANAGA Yasuhiro , BANDOW Hiroshi , OHARA Toshimasa

    大気環境学会年会講演要旨集 (50), 424, 2009

    NDL Digital Collections 

  • Characteristics of halogenated volatile organic compounds in the sub-arctic western North Pacific

    Ooki Atsushi , Yokouchi Yoko

    大気中の揮発性有機化合物(VOC)は主要な反応性微量気体であり、様々な大気化学反応にかかわっている。大気中で長寿命(>0.5年)と短寿命(<0.5年)のハロカーボンは成層圏と対流圏(及び下部成層圏)のオゾンを破壊することがいわれている。短寿命ハロカーボンの多くは海洋の大型藻類や植物プランクトンが主要起源であること、長寿命ハロカーボンのうち塩化メチルと臭化メチルについては陸上や海洋の生物が生成・消滅 …

    Abstracts of Annual Meeting of the Geochemical Society of Japan 55(0), 313-313, 2008

    J-STAGE 

  • Wet deposition of aerosol in the Asian dust event

    Ooki Atsushi , Noriki Shinichiro

    2004年と2005年の黄砂現象時に北海道札幌市の大気境界層下部(平野)と上部(標高1千メートルの山頂)で、粒径別エアロゾルと湿性沈着物の捕集を行った。両高度の大気観測データを比較することにより、エアロゾルの湿性沈着をウォッシュアウトとレインアウトに区別することができる。湿性沈着物中の不溶性粒子の粒径分布が両高度で一致した。湿性沈着物中の水溶性イオン成分と不溶性粒子の濃度は境界層下部の方が高かった …

    Abstracts of Annual Meeting of the Geochemical Society of Japan 52(0), 112-112, 2005

    J-STAGE 

  • Chemical Compositions of Marine Aerosols Measured during ACE-Asia Cruise of R/V Mirai  [in Japanese]

    NAGAO Ippei , UYAMA Yukiko , OHKI Atsushi , UEMATSU Mitsuo

    In order to study the chemical composition of marine aerosol and an impact caused by the primary production in spring season, aerosol sampling and measurement of dimethylsulfide (DMS) concentration we …

    Earozoru Kenkyu 19(2), 122-127, 2004-06-20

    J-STAGE  References (15) Cited by (1)

  • Size distributions of mineral dust particle in wet deposition

    OOKI Atsushi , NORIKI Shinichiro

    札幌市で湿性沈着及び大気エアロゾル中の鉱物粒子の粒径分布を測定した。

    Abstracts of Annual Meeting of the Geochemical Society of Japan 51(0), 143-143, 2004

    J-STAGE 

  • 集会報告 第1回SOLAS(Surface Ocean-Lower Atmosphere Study)夏の学校参加報告  [in Japanese]

    大木 淳之 , 北大院地環研

    海の研究 12(6), 648-650, 2003-11

  • Chemical characteristics of atmospheric aerosols over the western North Pacific region  [in Japanese]

    Ooki Atsushi

    Chikyukagaku 37(3), 155, 2003

    J-STAGE 

  • 海洋生物生産によるエアロソルの生成と雲核形成への影響 (総特集 海洋生物生産の加速と海洋大気)  [in Japanese]

    大木 淳之 , 三浦 和彦 , 植松 光夫

    Kaiyo monthly 34(3), 227-231, 2002-03

  • 1 / 2
Page Top