Ishigaki Tropical Station Seikai National Fisheries Research Institute

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • マグロ延縄の表層付近での沈降運動

    幅野 明正 , 安樂 和彦 , 松岡 達郎 [他] , 東 政能 , 清水 弘文 , 井上 喜洋 , AKIMASA HABAN0 , KAZUHIKO ANRAKU , TATSURO MATSUOKA , MASATAKA HIGASHI , HIROFUMI SHIMIZU , YOSHIHIRO INOUE , 鹿児島大学水産学部 , 鹿児島大学水産学部 , 鹿児島大学水産学部 , 鹿児島大学水産学部 , (独)水産総合研究センター西海区水産研究所石垣支所 , (独)水産総合研究センター水産工学研究所:(現)鹿児島大学水産学部 , Faculty of Fisheries Kagoshima University , Faculty of Fisheries Kagoshima University , Faculty of Fisheries Kagoshima University , Faculty of Fisheries Kagoshima University , Ishigaki Tropical Station Seikai National Fisheries Research Institute , National Research Institute of Fisheries Engineering:(Present address)Faculty of Fisheries Kagoshima University

    マグロ延縄の枝縄基部(幹縄)と先端部に高分解能深度計を装着し, 枝縄の表層での沈降運動特性を実海面で計測した。投縄直後, 先端部の沈降は基部よりも高速だった。投縄36~112秒後に先端の沈降は減速し始め, その後幹縄と等速となった。先端部の沈降過程は, 投縄直後から枝縄が伸びきるまでの独立な落下, 幹縄に拘束されつつ沈降する減速落下, 幹縄から懸垂状態となった拘束落下の3段階から成り立つと考えた。 …

    日本水産學會誌 = Bulletin of the Japanese Society of Scientific Fisheries 70(1), 48-53, 2004-01-15

    日本農学文献記事索引  J-STAGE  参考文献16件 被引用文献1件

ページトップへ