SHINTARO YAMASAKI

Articles:  1-1 of 1

  • Selectivity of groundrope of a small trawl net in relation to different diameters  [in Japanese]

    FUJITA KAORU , MATSUSHITA YOSHIKI , HONDA NAOTO , YAMASAKI SHINTARO , KOBAYASHI SHOZO , KAORU FUJITA , YOSHIKI MATSUSHITA , NAOTO HONDA , SHINTARO YAMASAKI , SHOZO KOBAYASHI , (独)水産総合研究センター水産工学研究所 , (独)水産総合研究センター水産工学研究所(現)長崎大学水産学部 , (独)水産総合研究センター水産工学研究所 , (独)水産総合研究センター水産工学研究所 , 千葉県銚子水産事務所:(現)千葉県水産総合研究センター銚子分室 , National Research Institute of Fisheries Engineering Fisheries Research Agency , National Research Institute of Fisheries Engineering Fisheries Research Agency:(Present office)Faculty of Fisheries Nagasaki Unbiversity , National Research Institute of Fisheries Engineering Fisheries Research Agency , National Research Institute of Fisheries Engineering Fisheries Research Agency , Choshi Marine Industries Office:(Present office)Choshi Branch Chiba Prefectural Fisheries Research Center

    現用の小型底びき網のグランドロープをコントロールとして,直径が約 2 倍のグランドロープを持つ小型底びき網のサイズ選択性を,拡張した SELECT モデルにより評価した。ガンゾウビラメとマトウダイは小型個体ほど,アカシタビラメとクロウシノシタは大型個体ほど選択率が低くなった。ホウボウは全長と選択率の関係に明確な傾向は見られず,漁獲個体数も変わらなかった。種やサイズによって選択性に相違があったことか …

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 73(3), 495-504, 2007

    IR  J-STAGE 

Page Top