升本 英利 Masumoto Hidetoshi

ID:9000350558229

京都大学iPS細胞研究所 増殖分化機構研究部門 幹細胞分化制御学|京都大学大学院医学研究科 心臓血管外科学 Laboratory of Stem Cell Differentiation, Department of Cell Growth & Differentiation, Center for iPS cell research and application (CiRA), Kyoto University|Department of Cardiovascular Surgery, Graduate School of Medicine, Kyoto University (2018年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-2 of 2

  • Drug response of MiraCell® Cardiomyocytes (from ChiPSC12), iPSc-derived cardiomyocytes  [in Japanese]

    NISHIE Toshikazu , TANAKA Rina , TOSAKA Yasuhiro , OKAMOTO Sachiko , KAWATO Masahide , MASUMOTO Hidetoshi , ENOKI Tatsuji , YAMASHITA Jun K. , MINENO Junichi

    <p> ヒトiPS細胞由来心筋細胞(iPS-CMs)を用いた心毒性試験は、in vivoでの薬剤誘発性不整脈を予測するためのツールとして期待されている。現在、複数種のベンダーの異なるiPS-CMsが上市されており、また、心毒性を測定するためのデバイスについても複数知られている。iPS-CMsを用いた心毒性試験を行うにあたっては、どのiPS-CMsを用いてどのような方法で播種した細胞を測 …

    Annual Meeting of the Japanese Society of Toxicology 45.1(0), P-201, 2018

    J-STAGE 

  • Therapeutic angiogenesis with growth factor using drug delivery system in cardiovascular medicine  [in Japanese]

    Minakata Kenji , Nishio Hiroomi , Masumoto Hidetoshi , Sakata Ryuzo

    循環器領域における重要な難治性疾患として、重症下肢虚血ならびに虚血性心疾患があげられる。筆者らは従来治療が奏功しない患者を対象とし、新規に開発したゼラチンハイドロゲルをDDS担体として塩基性線維芽細胞増殖因子を使用する血管新生療法の開発を行ってきた。本稿では、これまで行ってきたヒトでの臨床試験の結果を示しながら今後の展望について概説する。

    Drug Delivery System 32(1), 10-16, 2017

    J-STAGE 

Page Top