Naoto YAMAMOTO

Articles:  1-1 of 1

  • EVALUATION OF THE NUMBER OF DISSCCTED LYMPH NODES BETWEEN LAPAROSCOPY-ASSISTED COLECTOMY AND OPEN COLECTOMY FOR RIGHT AND SIGMOID COLON AND RECTAL CANCER  [in Japanese]

    塩澤 学 , 赤池 信 , 五代 天偉 [他] , 山本 直人 , 杉政 征夫 , 武宮 省治 , Manabu SHIOZAWA , Makoto AKAIKE , Teni GODAI , Naoto YAMAMOTO , Yukio SUGIMASA , Shoji TAKEMIYA , 神奈川県立がんセンター消化器外科 , 神奈川県立がんセンター消化器外科 , 神奈川県立がんセンター消化器外科 , 神奈川県立がんセンター消化器外科 , 神奈川県立がんセンター消化器外科 , 神奈川県立がんセンター消化器外科 , Department of Gastrointestinal Surgery Kanagawa Cancer Center , Department of Gastrointestinal Surgery Kanagawa Cancer Center , Department of Gastrointestinal Surgery Kanagawa Cancer Center , Department of Gastrointestinal Surgery Kanagawa Cancer Center , Department of Gastrointestinal Surgery Kanagawa Cancer Center , Department of Gastrointestinal Surgery Kanagawa Cancer Center

    目的:大腸癌に対する腹腔鏡補助下大腸切除手術(LAC)と開腹手術(OPEN)のリンパ節郭清が同等の質であるかをリンパ節の採取個数で比較検討した.対象と方法:右半結腸切除,S状結腸切除,直腸高位前方切除が施行された大腸癌手術症例77例.リンパ節採取個数を各リンパ節領域ごとに比較検討した.結果:右半結腸切除21例(LAC:OPEN;12例:9例),S状結腸切除41例(26例:15例),前方切除15例( …

    Yokohama medical journal 56(1), 39-43, 2005-01

    IR  Ichushi Web 

Page Top