藤田 義正 FUJITA Yoshimasa

ID:9000361697304

金沢医科大学血液免疫内科 Department of Hematology and Clinical Immunology, Kanazawa Medical University (2017年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Leptin and autoimmune disease  [in Japanese]

    FUJITA Yoshimasa

    <p>  レプチンは脂肪細胞から分泌され主に視床下部に作用して食欲の抑制やエネルギー消費の亢進よって体重減少をきたす分子である.一方でレプチン受容体は血球系細胞にも発現しており免疫系に対する作用も知られるようになり,それとともにレプチンの自己免疫疾患における意義も次第に明らかとなった.多くの自己免疫疾患でレプチンが増悪因子として作用していることが示されており,レプチンシグナルの阻害療法 …

    Japanese Journal of Clinical Immunology 40(3), 155-159, 2017

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top