秦 亜有 HATA Ayu

ID:9000363353925

大阪医科大学第1内科 First Department of Internal Medicine, Osaka Medical College (2007年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  2件中 1-2 を表示

  • 白血球除去療法との併用によりインフリキシマブの効果が改善した難治性関節リウマチの1例(<特集>急性臓器障害に対するアフェレシス)

    亜有 , 中島 幹雄 , 庄田 武司 , 小谷 卓矢 , 平野 すずえ , 川崎 善子 , 鍵谷 真希 , 田伏 洋子 , 武内 徹 , 柴原 伸久 , 槇野 茂樹 , 井上 徹 , 花房 俊昭

    インフリキシマブ(IFX)などの抗TNF療法は,関節リウマチに対して有効な治療である.しかし,IFXに対して不応例や効果減弱例もあり,臨床上問題である.今回我々は,IFXに対して効果が減弱した64歳女性の関節リウマチ患者に対して白血球除去療法(LCAP)を試みた.LCAP後,IFXに対する反応性は臨床症状の改善とともに回復した.LCAPは忍容性があり,重篤な副作用も認めなかった.これらよりIFX効 …

    日本アフェレシス学会雑誌 26(3), 350-353, 2007

    国立国会図書館デジタルコレクション  医中誌Web 

  • Cyclosporin-Aにて一旦軽快し, 減量にて再燃死亡した皮膚筋炎に伴う間質性肺炎の一例

    小谷 卓矢 , 槇野 茂樹 , 庄田 武司 , 亜有 , 田伏 洋子 , 鍵谷 真希 , 武内 徹 , 花房 俊昭

      症例は67歳,女性.眼瞼,両手指伸側に紅斑が出現すると共に,労作時呼吸困難を自覚し,2004年7月21日当院に入院.四肢筋力低下,ヘリオトロープ疹,ゴットロン徴候を呈していたが,CKは194 U/lと正常範囲であった.リウマトイド因子以外の自己抗体は全て陰性,低酸素血症,胸部CTにて間質性肺炎を認め,皮膚筋炎に伴う進行性間質性肺炎と診断した.ステロイドパルス,Cyclosp …

    日本臨床免疫学会会誌 = Japanese journal of clinical immunology 30(2), 139-143, 2007-04-28

    J-STAGE  医中誌Web  参考文献13件 被引用文献1件

ページトップへ