福井 幸太郎 FUKUI Kotaro

Articles:  1-20 of 75

  • 1 / 4
  • The Second Deep Ice Coring at Dome Fuji, Antarctica.  [in Japanese]

    本山 秀明 , 高橋 昭好 , 田中 洋一 , 新堀 邦夫 , 宮原 盛厚 , 吉本 隆安 , 藤井 理行 , 鈴木 利孝 , 古川 晶雄 , 東 久美子 , 鈴木 啓助 , 武藤 淳公 , 五十嵐 誠 , 山崎 哲秀 , 藤田 秀二 , 斎藤 健 , 渡辺 原太 , 古崎 睦 , 李 院生 , 鄭 址雄 , 福井 幸太郎 , 中澤 文男 , 亀田 貴雄 , 藤田 耕史 , 大日方 一夫 , 齊藤 隆志 , 神山 孝吉 , 木下 淳 , 東 信彦 , 中山 芳樹 , 渡辺 興亜 , 高田 守昌 , 小澤 行雄 , 小林 明雄 , 吉瀬 也寸志

    南極ドームふじ基地において,第2 期氷床深層コア掘削が行われた.2001 年のパイロット孔掘削に引き続き2003/2004 シーズンから4 か年にわたり本格的な深層コア掘削を実施し,2007 年1 月に3035.22 m 深に達した.夏期間のみの掘削としたので,効率よく掘削できるように第1 期深層コア掘削システムの問題点を解決しながら多くの改良を施した.特に1 回の掘削で採取可能なコア長を2.3 …

    南極資料 = Antarctic Record (64), 284-329, 2020-11

    IR  DOI 

  • A water circulation and internal construction of "chito" in Oiwake area of the Mt. Tateyama  [in Japanese]

    朴木 英治 , 坂井 奈緒子 , 加藤 咲 , 大宮 徹 , 福井 幸太郎 , 白石 俊明 , 杉田 久志

    富山市科学博物館研究報告 = Bulletin of the Toyama Science Museum (44), 59-62, 2020-07-01

    IR 

  • Characteristics of Water Level Change of the Shinyu Hot Spring Pond in Tateyama Caldera, Converted to Geyser in 2014  [in Japanese]

    福井 幸太郎 , 飯田 肇 , 菊川 茂

    温泉科学 = Journal of hot spring sciences = Journal of the Balneological Society of Japan 70(1), 12-26, 2020-06

  • The mass balance of glaciers in Japan  [in Japanese]

    Arie Kenshiro , Narama Chiyuki , Yamamoto Ryohei , Fukui Kotaro , Iida Hajime

    <p></p>

    Summaries of JSSI and JSSE Joint Conference on Snow and Ice Research 2020(0), 35-35, 2020

    J-STAGE 

  • On the choice of antennas for observation of bedrock topography below the ice sheet  [in Japanese]

    Fujita Shuji , Tsutaki Shun , Kawamura Kenji , Abe-Ouchi Ayako , Fukui Kotaro

    <p></p>

    Summaries of JSSI and JSSE Joint Conference on Snow and Ice Research 2020(0), 72-72, 2020

    J-STAGE 

  • Basal topography in the Dome Fuji region derived from the ground-based radar survey  [in Japanese]

    Tsutaki Shun , Fujita Shuji , Kawamura Kenji , Abe-Ouchi Ayako , Fukui Kotaro

    <p></p>

    Summaries of JSSI and JSSE Joint Conference on Snow and Ice Research 2020(0), 73-73, 2020

    J-STAGE 

  • Changes in flow velocity and ice thickness of the Debris-Covered Glacier in the James Ross Island, Antarctic Peninsula, from 1992 to 2017  [in Japanese]

    FUKUI Kotaro , SONE Toshio , Strelin Jorge A. , MORI Junko

    <p><b>1.はじめに</b></p><p></p><p>南極半島を含む南極の露岩域は,南半球ではニュージーランド南島やペルーアンデスと並んでデブリ氷河が多く分布している地域である.著者らは1990年代前半からアルゼンチン南極観測隊と共同で南極半島北東部にあるジェームズロス島のデブリ氷河の流動の現地観測を数年間隔 …

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2020s(0), 315, 2020

    J-STAGE 

  • The annual flow of Karamatsuzawa glacier  [in Japanese]

    Arie Kenshiro , Narama Chiyuki , Fukui Kotaro , Iida Hajime , Takahashi Kazunori

    <p>1.はじめに</p><p> 飛騨山脈北部では,七つの現存氷河が確認されている(福井・飯田,2012;福井ら,2018;有江ら,2019).しかしながら,飛騨山脈で確認された氷河の質量収支や流動機構はまだ明らかにされていない.</p><p> 氷河流動は,内部変形と底面すべりの総和で表される.有江ら(2019)は,融雪末期に測定された唐 …

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2020s(0), 197, 2020

    J-STAGE 

  • Ice thickness and flow of the Karamatsuzawa perennial snow patch in the northern Japanese Alps  [in Japanese]

    ARIE Kenshiro , NARAMA Chiyuki , FUKUI Kotaro , IIDA Hajime , TAKAHASHI Kazunori

    We performed ground penetrating radar and global navigation satellite system surveys to investigate the ice thickness and flow of the Karamatsuzawa perennial snow patch, at the village of Hakuba, Naga …

    Journal of the Japanese Society of Snow and Ice 81(6), 283-295, 2019

    J-STAGE 

  • Long term air and soil temperature observation on James Ross Island, Antarctic Peninsula  [in Japanese]

    Mori Junko , Sone Toshio , JorgeStrelin , Fukui Kotaro

    Summaries of JSSI and JSSE Joint Conference on Snow and Ice Research 2019(0), 263, 2019

    J-STAGE 

  • Mass balance characteristics of the active glaciers in the northern Japanese Alps  [in Japanese]

    Sawagaki Takanobu , Fukui Kotaro , Yamaguchi Satoru

    Summaries of JSSI and JSSE Joint Conference on Snow and Ice Research 2019(0), 112, 2019

    J-STAGE 

  • Ice thickness and flow of Karamatsusawa perennial snow patch in the northern Japanese Alps  [in Japanese]

    Arie Kenshiro , Narama Chiyuki , Fukui kotaro , Iida Hajime , Takahashi Kazunori

    <p><b>1.はじめに </b></p><p> 福井・飯田(2012)と福井ら(2018)は,飛騨山脈の多年性雪渓において,近年の小型かつ高精度な測量機器を用いて氷厚と流速の測定を実施した.その結果,流動現象が確認された六つの多年性雪渓は氷河(小窓氷河,三ノ窓氷河,カクネ里氷河,池ノ谷氷河,御前沢氷河,内蔵助氷河)であると判明した.飛騨 …

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2019a(0), 109, 2019

    J-STAGE 

  • Relationship between water level fluctuation and phreatic eruption of the crater lake Shinyu of Tateyama Caldera  [in Japanese]

    FUKUI Kotaro , FUJITA Hiroyuki , KIKUKAWA Shigeru , IIDA Hajime

    1. はじめに<br>水蒸気噴火はマグマ噴火よりも小規模なため,従来から行われてきた地震や地殻変動の観測だけでは,噴火の前兆を捉えることが難しい.このため,現在,水蒸気噴火の兆候を早期に把握するための新たな手法の開発が求められている.本研究の目的は2014年から間欠泉になっている立山カルデラの火口湖新湯の水位変化から水蒸気噴火の兆候を把握できないか検討することである.まず,現地観測から …

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2019s(0), 39, 2019

    J-STAGE 

  • Mass-balance of glacier and perennial snow patch of "avalanche type" in the northern Japanese Alps.  [in Japanese]

    Arie Kenshiro , Narama Chiyuki , Fukui Kotaro , Iida Hajime

    <b>はじめに</b><br><b> </b>現在の飛騨山脈の気候環境では,降雪量が融解量を上回ることができない.そのため,飛騨山脈における氷河と多年性雪渓の分布は,吹きだまりやなだれの地形効果がある場所に限定される.樋口(1968)は,多年性雪渓の地形効果による涵養様式を雪渓の分布高度で分類しており,稜線からの標高差と分布高度が小さい雪 …

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2019s(0), 124, 2019

    J-STAGE 

  • Overview of Glaciological Observation in the Kakunezato Perennial Snow Patch, Mt. Kashimayari, the northern Japanese Alps.  [in Japanese]

    FUKUI Kotaro , IIDA Hajime

    カクネ里雪渓は,日本でもっとも氷河に似ている多年性雪渓と言われていたが,1950年代の五百沢智也による現地調査以降,60年以上にわたって研究者の入山を拒んできた.2011年6月,富山県立山カルデラ砂防博物館が単独で氷厚観測を実施,2015年9~10月にカクネ里雪渓(氷河)学術調査団が氷体の流動観測を行い,2018年1月,この雪渓が「氷河」だと明らかにする論文がついに出版された.本稿では,どのような …

    Bulletin of the Omachi Alpine Museum 3(0), 5-12, 2018

    J-STAGE 

  • Experimental Observations of Two Mountain Glaciers on the Eastern Slope of Mt. Tsurugi by Pi-SAR2 Airborne SAR

    FURUYA Masato , FUKUI Kotaro , IIDA Hajime , KOJIMA Shoichiro , MATSUOKA Takeshi

    <p>We performed airborne synthetic aperture radar (SAR) observations at two glaciers (San'nomado and Komado glaciers) on the eastern slope of Mt. Tsurugi, Japan, in August and October 2013, and …

    Bulletin of Glaciological Research 35(0), 7-17, 2017

    J-STAGE 

  • Report of the 2007/2008 Japanese-Swedish joint Antarctic traverse(2)Details of the field expedition  [in Japanese]

    藤田 秀二 , 福井 幸太郎 , 中澤 文男 [他] , 榎本 浩之 , 杉山 慎 , Shuji Fujita , Kotaro Fukui , Fumio Nakazawa , Hiroyuki Enomoto , Shin Sugiyama

    南極地域観測第Ⅶ期5か年計画において, 2007/2008年の南極の夏期シーズンに,国立極地研究所を中心とした研究グループは,スウェーデンの研究者グループと共同で,東南極内陸域のドロンイングモードランド地域の内陸部の氷床環境調査を実施した.本報告は,本プロジェクトで実行された観測活動の全体像を記録し,報告するものである.内陸調査実行の概要,経過,人員・役割分担,設営,通信,ナビゲーション,観測の各 …

    南極資料 59(1), 87-161, 2015-03

    IR  DOI 

  • 立山連峰の氷河と万年雪  [in Japanese]

    福井 幸太郎 , 飯田 肇

    とやまと自然 37(4), 1-8, 2015-01-05

    IR 

  • Report of the 2007/2008 Japanese-Swedish joint Antarctic traverse(1)Planning, preparations, and outline of scientific achievements  [in Japanese]

    藤田 秀二 , 福井 幸太郎 , 中澤 文男 [他] , 榎本 浩之 , 杉山 慎 , 藤井 理行 , 藤田 耕史 , 古川 晶雄 , 原 圭一郎 , 保科 優 , 五十嵐 誠 , 飯塚 芳徳 , 伊村 智 , 本山 秀明 , Surdyk Sylviane , 植村 立 , Shuji Fujita , Kotaro Fukui , Fumio Nakazawa , Hiroyuki Enomoto , Shin Sugiyama , Yoshiyuki Fujii , Koji Fujita , Teruo Furukawa , Keiichiro Hara , Yu Hoshina , Makoto Igarashi , Yoshinori Iizuka , Satoshi Imura , Hideaki Motoyama , Sylviane Surdyk , Ryu Uemura

    南極地域観測第Ⅶ期5か年計画に基づき,2007/2008 年の南極の夏期シーズンに,国立極地研究所を中心とした研究グループは,スウェーデンの研究者グループと共同で,東南極内陸域のドロンイングモードランド地域の内陸部の氷床環境調査を実施した.本報告は,現地調査前に5年間を費やした研究計画の企画検討の経過や行った事前準備と,現地野外観測を終了した後の6年間に得られた研究成果の概要をまとめるものである. …

    南極資料 58(3), 352-392, 2014-11

    IR  DOI 

  • A review of present ELA in Japanese Alps  [in Japanese]

    Fukui Kotaro

    平成25年度北海道大学低温科学研究所共同利用研究集会『氷河変動の地域性に関する地理的検討』. 2013年6月17日-18日. 北海道大学低温科学研究所, 札幌市.

    平成25年度北海道大学低温科学研究所共同利用研究集会『氷河変動の地域性に関する地理的検討』報告書, 7-8, 2014-05

    IR 

  • 1 / 4
Page Top