半藤 保 HANDO Tamotsu

Articles:  1-1 of 1

  • A Clinicopathological Study of 11 Patients with Paget's Disease of Vulva  [in Japanese]

    KODAMA Shoji , OBATA Norio , HANDO Tamotsu , GOTO Akira , IKATASHI Toshihiko , TAKEUCHI Shoshichi , SASAGAWA Shigeo , WATANABE Tsuyoshi , TAKAHASHI Takeshi , TAKEUCHI Shoshichi

    外陰部に発生したPaget病11例について臨床病理学的検討を加え以下の結果を得た.1.昭和46年以来過去13年間に当教室で治療された外陰部Paget病は9例で,外陰癌(扁平上皮癌)の14例に対し,1:1.56の比であった.2.年齢は,61歳から75歳(平均67.8歳)の高齢者であった.また体表癌で診断の行ない易い部位に発生しながら,自覚症状出現から診断までに平均3.5年を要し,積極的な生検による早 …

    日本産科婦人科學會雜誌 37(6), 861-870, 1985

    NDL Digital Collections  Ichushi Web 

Page Top