今村 文彦 Imamura Fumihiko

ID:9000364794006

東北大学災害科学国際研究所 (2019年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 102

  • POTENTIAL IMPACT OF TSUNAMI-INDUCED SEDIMENT TRANSPORT IN KOCHI PREFECTURE CAUSED BY THE NANKAI TROUGH MEGATHRUST EARTHQUAKE  [in Japanese]

    YAMASHITA Kei , SUGAWARA Daisuke , SETO Shuji , ARIKAWA Taro , TAKAHASHI Tomoyuki , IMAMURA Fumihiko

    <p> 南海トラフ巨大地震の津波による高知県における地形変化と潜在的影響を評価することを目的として,土佐湾広域にわたる津波土砂移動の数値シミュレーションを実施した.仁淀川や物部川の一級河川,須崎湾,宇佐湾および浦戸湾の周辺で大規模な地形変化が起こることが示唆され,砂資源の沖合いへの大量流出の他,東日本大震災以上の災害土砂の打ち上げが懸念されるなど,地域的な特徴を把握した.一部地域では, …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 75(2), I_685-I_690, 2019

    J-STAGE 

  • RISK RECOGNITION AND EVACUATION BEHAVIOR IN AREAS OUTSIDE THE PREDICTED TSUNAMI HAZARD MAP IN CASE OF THE GREAT EAST JAPAN EARTHQUAKE  [in Japanese]

    SERIKAWA Tomoki , SUPPASRI Anawat , SETO Shuji , IMAMURA Fumihiko

    <p> 今後の巨大津波災害において人的被害を軽減するためには,過去の巨大津波災害におけるハザードマップの活用評価が不可欠である.特に,想定を上回る災害に対する有効性と限界性の検討が必要である.本研究では,東日本大震災時の宮城県のハザードマップの整備および利用状況を整理し,想定浸水域外におけるハザードマップの認知と避難行動を検討した.津波への時間的意識変化を用いて避難状況を整理した結果, …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 75(2), I_1363-I_1368, 2019

    J-STAGE 

  • AN ANALISYS OF ACCEPTANCE OF TSUNAMI INFORMATION AND TSUNAMI EVACUATION STARTING TIME IN THE CASE OF THE GREAT EAST JAPAN EARTHQUAKE  [in Japanese]

    SHINKA Anna , SATO Shosuke , IMAMURA Fumihiko

    <p> 本研究では,東日本大震災発災時における津波情報の受信状況と津波避難行動の関係について質問紙調査結果を用いて分析・考察した.分析の結果,次の4つの結果・結論が得られた.1)警察・消防より津波情報を得た回答者の避難開始時間は,情報を得なかった回答者より遅くなった.2)津波の推定襲来時間を情報の内容とした群の平均避難開始時間は早くなり,津波報道における推定襲来時間に関する情報発信の重 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 75(2), I_1393-I_1398, 2019

    J-STAGE 

  • TSUNAMI EVACUATION USING REAL-TIME HAZARD INFORMATION PROVIDED BY SMARTPHONE APPLICATION  [in Japanese]

    OISHI Yusuke , NAGAYAMA Mitsuyuki , FURUMURA Takashi , IMAMURA Fumihiko , MIHARA Yoshiteru , MAKINOSHIMA Fumiyasu , YAMASHITA Kei , HIGASHIYAMA Takao , GOTO Tomonori , OHMURA Makoto

    <p> 安全な津波避難に向けて,スマートフォンアプリによるリアルタイム災害情報提供の有効性を評価する実証実験を行った.実験では,地震被害による通行不可地点を設定し,参加者はそれらの地点情報をアプリで他の参加者と共有しながら避難を行った.アプリによる情報有りと無しの班に分けて避難行動を比較した結果,情報有りの場合に効率的な避難経路を選択する傾向が確認できた.一方で,共有された情報精度の低 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 75(2), I_1381-I_1386, 2019

    J-STAGE 

  • CONSCIOUSNESS AND PREPAREDNESS FOR TSUNAMI OF THE VISITORS AT COASTAL TOURIST SPOTS AFTER THE TSUNAMI DISASTER  [in Japanese]

    BABA Ryota , SATO Shosuke , IMAMURA Fumihiko

    <p> 本稿では,東日本大震災で被災した宮城県の沿岸観光地である名取市のゆりあげ港朝市メイプル館と七ヶ浜町の菖蒲田海水浴場における来訪者を対象として質問紙調査を実施することで,津波被災後の沿岸観光地を来訪した人の津波に対する意識や備えの実態を定量的に明らかにした.その結果,以下の主要な結果が得られた.1)以上の来訪者は,津波リスク認知の程度はある程度高く,地震・津波災害について興味や関 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 75(2), I_1399-I_1404, 2019

    J-STAGE 

  • ANALYSIS OF THE 2018 SULAWESI ISLAND EARTHQUAKE'S TSUNAMI GENERATION CONDITION USING VIDEO IMAGES IN THE WESTERN PART OF PALU BAY  [in Japanese]

    ABE Ikuo , SUPPASRI Anawat , PAKOKSUNG Kwanchai , IMAMURA Fumihiko

    <p> 2018年9月28日にインドネシア・スラウェシ島で発生した地震に伴う津波は,地震断層から推定されるよりも早い時間に津波が到達している.この津波は,発生直後の状況が撮影されたビデオ映像がSNS上に多数投稿されており,海底地すべり津波の発生状況を解明するためには希少なデータであると思われた.そこで,これらの映像から津波の発生場所と水位,伝播速度などの推定を行った.結果として,短時間 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 75(2), I_337-I_342, 2019

    J-STAGE 

  • INVESTIGATIONS ON GLOBAL TSUNAMI RISK CONSIDERING THE MARINE NETWORK OF VESSEL  [in Japanese]

    OTAKE Takuro , SUPPASRI Anawat , IMAMURA Fumihiko

    <p> 全世界の港湾を結ぶ船舶海上輸送網は,人々の生活や産業の基盤となっている.そのため,既往研究で着目されてきた港湾単体の津波リスクだけでなく,船舶海上輸送網全体が保有する津波リスクや被災していない港湾が受ける影響を事前に把握し,対策しておくことが重要である.本研究では,はじめに,船舶海上輸送網をネットワークでモデル化を行った.次に,地球全域を対象とした津波の数値解析を実施し,全世界 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 75(2), I_1321-I_1326, 2019

    J-STAGE 

  • Tsunami source estimation for the 2011 off the Pacific coast of Tohoku Earthquake using thickness distribution of tsunami deposits in a wide area  [in Japanese]

    久松 明史 , 菅原 大助 , 後藤 和久 , 今村 文彦

    本研究では,津波堆積物の層厚分布に基づいて津波波源モデルを推定する手法を構築した。津波波源モデルとして,すべり欠損速度分布と過去の地震履歴に基づいて円錐型断層モデルを用い,津波堆積物の調査測線に沿った堆積量と断層すべり量の関係を定式化し,堆積量の実測 値を再現する断層すべり量を推定した。新しい手法の適用性を評価するために,東北地方の3地域で2011年東北沖地震(Mw9.0)によって形成された津波堆 …

    Journal of Japan Society for Natural Disaster Science 37(4), 419-432, 2019

    J-STAGE 

  • An Analysis of Tweet Data Tagged with "# Rescue" in the 2018 West Japan Heavy Rain Disaster: Comparative Analysis with the Case of 2017 North Kyushu Heavy Rain Disaster  [in Japanese]

    佐藤 翔輔 , 今村 文彦

    本稿では,2018年西日本豪雨災害を対象に,発災当時に発信されていた「# 救助」ツイートに対する内容分析を,先行研究として実施した2017年7月九州北部豪雨の事例と比較しながら行った。その結果はつぎのようにまとめられる。1)「#救助」ツイートで,場所や人数等の具体的な状況を記述している「救助要請」のニーズを発信していたツイートは,分析対象の2,171件のうち,16.5 %とごくわずかであり,「救助 …

    Journal of Japan Society for Natural Disaster Science 37(4), 383-396, 2019

    J-STAGE 

  • Could We Share and Make Use of Response Experience in Past Disasters?:Suggestions and Proposal Based on Results from Qualitative Survey on Responders in Miyagi Prefecture Government in the 2011 Great East Japan Earthquake Disaster  [in Japanese]

    SATO Shosuke , IMAMURA Fumihiko

    <p>The interview survey was conducted to responders who belonged Miyagi Prefecture government in the 2011 Great East Japan Earthquake Disaster in order to clarify the tradition process of experi …

    Journal of Social Safety Science 33(0), 105-114, 2018

    J-STAGE 

  • A PROPOSAL OF QUANTITATIVE EVALUATION METHOD ON TSUNAMI DAMAGE OF BUILDING IN CONSIDERATION OF COASTAL FOREST DISTRIBUTION AND TOPOGRAPHICAL CONDITION  [in Japanese]

    HAYASHI Akihiro , YAMASHITA Kei , IMAMURA Fumihiko

    本研究では,沿岸平野部における海岸林の分布,地形諸条件,津波の水理諸元を考慮した,個々の建物の津波被災状況を定量評価する手法を提案した.定量評価手法の構築に際して,仙台平野域の宮城県5市町における,東日本大震災時の実被害データを用いた.対象地域では,おおよそ海岸林の林帯幅に応じて,構造種別毎の被災区分の軽減傾向を確認した.さらに,実被害データと津波数値解析より,海岸林の存在,建物立地点における津波 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 74(2), I_235-I_240, 2018

    J-STAGE 

  • CHARACTERISTICS OF TSUNAMI OSCILLATION AROUND TOKYO BAY CAUSED BY NANKAI-TROUGH EARTHQUAKE  [in Japanese]

    OISHI Yusuke , FURUMURA Takashi , IMAMURA Fumihiko , YAMASHITA Kei , SUGAWARA Daisuke

    隣接する東京湾,相模湾,駿河湾の3湾の湾水振動について,その相互作用も含めて詳しく検討した.想定される南海トラフ巨大地震において,南海域に大すべり域を持つ震源モデルでは,3湾で連動する湾水振動が見られ周期76分成分が卓越し,東海や東南海域に大すべり域を持つモデルでは,駿河湾と東京湾での2湾連動が見られ68分成分が卓越することがわかった.東京湾内に位置する京浜運河では,運河の固有周期に近い成分が東京 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 74(2), I_205-I_210, 2018

    J-STAGE 

  • ESTIMATION OF THE WAVE PEAK OF TSUNAMI BY USING A SINGLE OCEANOGRAPHIC RADAR AND ITS APPLICATION  [in Japanese]

    SETO Shuji , TAKAHASHI Tomoyuki , HINATA Hirofumi , FUJI Ryotaro , Imamura Fumihiko

    日本や米国の沿岸に設置された海洋レーダにより,2011年東北地方太平洋沖地震津波の観測に世界で初めて成功し,海洋レーダによる津波検知の可能性が実証された.その後,津波を観測対象とした研究が報告されているが,津波伝搬の検知が中心であり,その挙動をより正確に観測する可能性が期待されている.そこで,本研究では,1局の海洋レーダで津波波峰を推定する手法を検討し,南海トラフ巨大地震津波を対象としてその精度を …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 74(2), I_511-I_516, 2018

    J-STAGE 

  • IMPROVEMENT OF TSUNAMI-INDUCED SEDIMENT TRANSPORT MODEL BY CONSIDERING SATURATED CONCENTRATION IN SUSPENSION WITH STRONG UNSTEADY FLOWS  [in Japanese]

    YAMASHITA Kei , SUGAWARA Daisuke , ARIKAWA Taro , SHIGIHARA Yoshinori , TAKAHASHI Tomoyuki , IMAMURA Fumihiko

    狭窄部を有する宮城県気仙沼湾における東日本大震災の津波・土砂移動を対象として,津波土砂移動モデルによる侵食及び堆積の過小評価の要因を推定し,従来モデルの改善を図った.湾狭窄部では強い非定常流れが生じていたことが数値的に確認された.そのため,従来の飽和浮遊砂濃度モデルでは巻上砂量が過剰に抑制され,地形変化の過小評価の一因になったと推定された.そこで,Log-wake則による実験式とカルマン数の変化を …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 74(2), I_325-I_330, 2018

    J-STAGE 

  • INVESTIGATION OF TSUNAMI EVACUATION RISK AND RISK MITIGATION STRATEGY IN COASTAL URBAN CITY USING LARGE-SCALE EVACUATION SIMULATION  [in Japanese]

    MAKINOSHIMA Fumiyasu , OISHI Yusuke , IMAMURA Fumihiko , FURUMURA Takashi

    約34万人の避難者を対象とした臨海都市部の津波避難行動リスクを,スーパーコンピュータを用いた津波避難行動解析に基づき分析した.避難者個々人の動きを詳細にモデル化した大規模シミュレーションによって,都市部の避難路での混雑による避難の遅れや,避難場所での混雑といった潜在的な避難リスクを明らかにし,津波浸水予測情報に基づく避難行動の制御を行うことで混雑状況が大きく改善することを確認した.避難の制御により …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 74(2), I_409-I_414, 2018

    J-STAGE 

  • INTORODUCING NEW TSUNAMI HAZARD INDEX BASED ON GLOBAL TSUNAMI HAZARD ASSESSMENT AND PROPOSING COUNTERMEASURES FOR EACH REGION  [in Japanese]

    OTAKE Takuro , SUPPASRI Anawat , IMAMURA Fumihiko

    グローバルスケールでの津波リスク評価を基に,各国・地域の津波リスクを比較することで,優先的に津波対策が必要な地域を特定することができる.その達成に向けて,本研究では,津波の波高と伝播時間を統合した津波ハザード評価を実施し,新たに津波ハザード指標を導入することで,各地域に対して有効と考えられる津波対策を考察する.過去の地震記録から,各地域の代表イベントを計103イベント選定し,それらに対して津波数値 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 74(2), I_445-I_450, 2018

    J-STAGE 

  • ACTUAL CONDITIONS OF RISK PERCEPTION, DISASTER PREVENTION LITERACY AND PREPAREDNESS FOR EARTHQUAKES AND TSUNAMI OF THE INHABITANTS WHO REBUILT IN THE AREA INUNDATED BY TSUNAMI  [in Japanese]

    BABA Ryota , SATO Shosuke , IMAMURA Fumihiko , TATSUKI Shigeo

    本稿では,東日本大震災で被災した宮城県名取市の被災者を対象として質問紙調査を実施することで,津波被災後に現地再建をした人の津波リスク認知,防災リテラシー,地震・津波に対する備えの実態を定量的に明らかにした.その結果,以下の主要な結果が得られた.1)現地再建者は,内陸移転者に比べ,津波リスク認知が低く,自分が生きている間にまた津波が来るのではないかと考えている人の割合が低い.2)回答者全体で見ると津 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 74(2), I_487-I_492, 2018

    J-STAGE 

  • THE INFLUENCE ON PREPARATION FOR TSUNAMI, RECOGNITION OF TSUNAMI RISK AND EVACUATION BEHAVIOR BY TSUNAMI TRADITION –CASE STUDY AT KESENNUMA CITY, MIYAGI PREFECTURE–  [in Japanese]

    SHINKA Anna , SATO Shosuke , KAWASHIMA Syuichi , IMAMURA Fumihiko

    本研究では,津波伝承による津波の人的被害低減効果の定量的な傾向を明らかにするために質問紙調査を行い,津波災害発生以前の津波の備えや津波リスクの認知,実際にとられた避難行動と津波災害発生以前の津波伝承の状況との関係について分析した.分析の結果,3つの結果・結論が得られた.1)過去の津波について知っている人は津波の備えを行い,犠牲者が生じた津波災害の伝承はより津波の備えを引き出した.2)過去の津波につ …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 74(2), I_499-I_504, 2018

    J-STAGE 

  • EFFECTIVENESS OF DISASTER RESPONSE DRILL FOR REAL EVACUATION BEHAIVOR - THE CASE OF EARTHQUAKE, TSUNAMI AND TYPHOON IN WATARI TOWN, MIYAGI PREFECTURE -  [in Japanese]

    TOGAWA Naoki , SATO Shosuke , IMAMURA Fumihiko

    防災訓練に参加することによる効果・効用については,様々な側面から評価されている.2016年は8月には台風第10号,11月には福島県沖で発生した地震に伴う津波等の災害があった.本研究では,これらのイベントにおいて,それ以前に参加した防災訓練時の経験が活かされたかや,訓練通りの行動ができたかといった,実災害時の対応行動への効果を評価した.その結果が次の3点である.1)訓練時の想定と実災害が一致する場合 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 74(2), I_493-I_498, 2018

    J-STAGE 

  • SUMMARIZING OF THE LESSONS FROM THE 2016 FUKUSHIMA EARTHQUAKE AND TSUNAMI ASSESSMENT USING DATABASE  [in Japanese]

    KURAMOTO Kazutoshi , SUPPASRI Anawat , IMAMURA Fumihiko

    我が国の量的津波予報は,発生以前に計算された津波データベースに基づくため,事前計算と大きく異なるイベントの予測精度が低い.2016年11月22日福島県沖地震津波では,事前計算と異なる走向の地震であったため,宮城県における津波高さを過小評価する問題が発生した.今後,同様な対応になるのを防ぐために,走向の違いによる津波への影響を検討する必要がある.本研究では2016年福島県沖地震津波での課題を整理し, …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 74(2), I_535-I_540, 2018

    J-STAGE 

Page Top