濱田 香澄 HAMADA Kasumi

ID:9000367866405

名寄市立大学|筑波大学 Nayoro City University|University of Tsukuba (2017年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • <b>The Relationship Between Tendency for Inattention and Prefrontal Cortex Activity During Problem Solving in Typical Developing </b><b>Adults </b>  [in Japanese]

    HAMADA Kasumi , AOKI Masumi , OKAZAKI Shinji

    <p>不注意はプランニングの困難やワーキングメモリ容量の低さと強く関連する。本研究では成人を対象に、不注意傾向の強さと問題解決課題遂行時の行動成績と前頭前皮質活動との関連を検討した。問題解決課題にはマスターマインドを用い、課題遂行時の脳活動を近赤外線スペクトロスコピーによって計測した。最も難度が高い4 ピン条件にて、不注意低群よりも高群において達成時間の延長、正答率の低下がみられた。 …

    Japanese Journal of Disability Sciences 41(1), 13-22, 2017

    IR  J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top