加藤 航平 KATO Kohei

ID:9000380978775

JA北海道厚生連帯広厚生病院外科 Department of Surgery, Obihiro Kosei General Hospital (2017年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Six Cases of Vesicosigmoidal Fistula due to Colonic Diverticulitis Treated by Laparoscopic Surgery  [in Japanese]

    YAMAMURA Yoshiyuki , NIWA Hiroki , KATO Kohei , MUTO Jun , MURAKAWA Katsuhiko , ONO Koichi

    大腸憩室炎による結腸膀胱瘻6例に対して,腹腔鏡下S状結腸切除術を施行した.性別は男性5例,女性1例であった.年齢の中央値は63歳(52-72歳)で,主訴は気尿が4例,混濁尿が1例,発熱が1例であった.1例のみ瘻孔に大網被覆を行ったが,残り5例に対して膀胱処理は行わなかった.手術時間の中央値は190分(146-300分)で,出血量は23ml(0-185ml)であった.全例で回腸瘻造設は施行しなかった …

    Nihon Rinsho Geka Gakkai Zasshi (Journal of Japan Surgical Association) 78(7), 1469-1472, 2017

    J-STAGE 

Page Top