村田 和義 MURATA Kazuyoshi

ID:9000386206766

自然科学研究機構生理学研究所 愛知県岡崎市明大寺町字西郷中38 National Institute for Physiological Science, 38 Myodaiji, Okazaki, Aichi 444-8585, Japan (2018年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Cryo-electron Microscopy for Structural Analysis ofDynamic Biological Macromolecules  [in Japanese]

    SONG Chihong , MURATA Kazuyoshi

    <p>新たなタンパク質の構造決定手法として,クライオ電子顕微鏡による単粒子構造解析が注目を集めている.本手法は試料に対する制約が少なく,数十キロダルトンのタンパク質から数百メガダルトンのウイルス粒子に至るまで同じ方法で解析できる(Figure 1).また,その空間的な自由度を生かしてタンパク質の各刺激に対する動的構造変化や動態解析も可能となる.本総説では,クライオ電子顕微鏡単粒子構造解 …

    Journal of Computer Chemistry, Japan 17(1), 38-45, 2018

    J-STAGE 

Page Top