武藤 朋子 MUTOU Tomoko

ID:9000386307555

(株)化合物安全性研究所毒性・病理 Toxicology and Pathology Res, SRICC (2017年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Male SD rats exposed <i>in utero</i> to di(<i>n</i>-butyl)phthalate:investigation of the prostatic complex  [in Japanese]

    SUGIYAMA Mitsuru , OKAYAMA Yuya , MOTOHASHI Masaya , DAIMON Takayuki , TAKAHASHI Hiroyuki , MUTOU Tomoko , IKEGAMI Masahiro , WAKUI Shin

    Di(n-butyl)phthalate(DBP)はプラスチックの可塑剤や接着剤等の原料として現在も広く用いられている。我々は本学会で、胎生期にDBPを暴露されたラットにおける前立腺の形態変化について報告した。本検討では、胎生期にDBPを暴露されたラットの前立腺について、若年期から成獣に至るまで経時的に4ポイントの週齢を設定した。実験にはSD(slc)ラットを用い、100mg,0mgDBP/kg/ …

    Annual Meeting of the Japanese Society of Toxicology 44.1(0), O-28, 2017

    J-STAGE 

Page Top