田村 哲也

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • 小児鎖骨骨折の保存的治療

    田村 哲也 , 橋本 俊彦

     小児の鎖骨骨折は臨床的に診られる骨折である.多くは介達外力で発生する.不全骨折が多いが,完全に転位する例もある.小児の骨はリモデリングが旺盛である.そのため保存的治療が原則で,三角巾固定やクラビクルバンドの装着で対応することが多い.リモデリングが期待できるため徒手整復はほとんど必要ないとされている.本研究では小児鎖骨骨折の特徴や治療法を確認の上,診療で行われた保存的治療の症例を紹介し,今後の小児 …

    了徳寺大学研究紀要 = The bulletin of Ryotokuji University (12), 53-60, 2018

    機関リポジトリ DOI

ページトップへ