須藤 俊美 SUDO Toshimi

ID:9000391416695

東京女子医科大学消化器外科 Department of Surgery, Tokyo Women's Medical University (2003年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Adoptive Transfer of Anti-CD3 Antibody-activated T Cells (CAT) to a Patient with Metastatic Intrahepatic Cholangiocarcinoma

    SUDO Toshimi , SHIMIZU Koichi , TANIGAWA Keishi , HATORI Takashi , YAMAMOTO Masakazu , ARUGA Atsushi , TAKASAKI Ken

    症例は70歳, 女性。1999年4月, 径1.5cm大の肝内胆管癌に対しS4部分切除術を施行した。2000年8月および12月にリンパ節転移再発を認め, それぞれに対して摘出術を施行した。その後のリンパ節転移再発に対し化学療法を施行したが副作用のため継続不能となり, 活性化自己リンパ球移入療法を行った。2001年5月より2002年2月まで合計11回, 平均1.12×109個のCAT細胞を点滴静注した …

    Nihon Gekakei Rengo Gakkaishi (Journal of Japanese College of Surgeons) 28(5), 934-940, 2003

    J-STAGE 

Page Top