原 尚人 HARA Hisato

ID:9000391417838

筑波大学臨床医学系乳腺甲状腺内分泌外科 Department of Breast Thyroid Endocrine Surgery, Institute of Clinical Medecine, University of Tsukuba (2001年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A Case of Carcinomatous Pleurisy after Breast Cancer with an Increase in Serum Tumor Marker Likely Preceded by Its Increase in Pleural Effusion

    HARA Hisato , YASHIRO Toru

    症例は51歳女性, 10年前に他院で左乳癌の手術を受けている。1997年12月呼吸困難にて近医受診。左側胸腔全体を占める著明な胸水貯留を認め, 乳癌再発の疑いで入院。胸腔ドレーン挿入し持続吸引施行。数回提出した血性胸水中の細胞診, 結核菌を含む培養いずれも陰性であった。諸検査においても局所再発, 遠隔転移を思わせる所見はなく, 血清腫瘍マーカーは正常であったが, 胸水中のCA15-3が異常高値を示 …

    Nihon Gekakei Rengo Gakkaishi (Journal of Japanese College of Surgeons) 26(6), 1434-1438, 2001

    J-STAGE 

Page Top