田邉 稔 Tanabe M

ID:9000391519663

東京医科歯科大学肝胆膵・総合外科 Department of Hepatobiliary-Pancreatic Surgery, Graduate School of Medicine, Tokyo Medical and Dental University (2014年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Small for size graft and donor age: New strategy using a regenerated liver graft  [in Japanese]

    Kadota Y , Itano O , Tanabe M , Shimazu M , Kitagawa Y , Yagi H , Kawachi S , Ono Y , Hibi T , Abe Y , Kitago M , Shinoda M , Obara H

    過小グラフトを用いた肝移植は, 相対的な門脈圧亢進による様々な病態を呈し最終的に肝不全に至る危険性を秘めており, 適切な門脈血流/門脈圧の維持とドナー年齢等を考慮したグラフトの選択が重要とされる. 当施設では2013年4月までに施行した生体肝移植203例のうち過小グラフトを用いた37例において, 30歳未満の若年ドナーグラフト17例の5年生存率が82%と, 30歳以上で60%であったことと比較して …

    Japanese Journal of Portal Hypertension 20(1), 19-23, 2014

    J-STAGE 

Page Top