瀧 玲子 TAKI Reiko

ID:9000391672221

京都大学大学院医学研究科皮膚科 Department of Dermatology, Graduate School of Medicine, Kyoto University (2010年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Two Cases of Systemic Plasmacytosis Characterized by Low Levels of Lactic Dehydrogenase  [in Japanese]

    TAKI Reiko , MATSUMURA Yumi , TANIOKA Miki , KORE-EDA Satoshi , ISHIKAWA Takayuki , MIYACHI Yoshiki

    症例1:60歳代,男性。初診の2年前に顔面および背部に多数の暗褐色斑が出現した。左鼠径部リンパ節の腫脹がある。皮膚およびリンパ節の生検標本において多クローン性の形質細胞の浸潤を認めた。IgG は 2,702mg/dl に上昇した。自覚症状や他臓器病変はなく経過を観察してきたが,初診の2年後にプレドニゾロン 15mg/日の投与を開始した。経過中,発熱や全身倦怠感を伴わなかった。経過とともに乳酸脱水素 …

    Hifu no kagaku 9(5), 469-475, 2010

Page Top