佐藤 孝則 SATO TAKANORI

ID:9000391702277

Graduate School of Science and Technology, Niigata University (1992年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Seasonal Changes in the Testes and Wolffian Ducts in the Salamander <i>Hynobius retardatus</i>

    IWASAWA HISAAKI , KASHIWAKURA KEIKO , SATO TAKANORI

    冬眠期間を除いて毎月1回野外で採集したエゾサンショウウオを用いて,精巣,脂肪体,ウォルフ管の季節的変化を解剖・組織学的に観察した.5月上旬の繁殖池に入る直前の個体では,精巣小葉の一部で排精が始まりつつあった.生殖活動を終わって上陸した個体の精巣小葉の腔は空虚で,精原細胞の増殖が始まっていた.精子は8月に現れ,9月半ばではすべての精巣小葉で精子形成は終了していた.精巣は6月に最小,8月に最大で,その …

    Japanese journal of herpetology 14(3), 116-123, 1992

Page Top