澤向 範文 Norifumi Sawamukai

ID:9000391772240

産業医科大学第一内科学講座 (2011年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • 強皮症の難治性皮膚硬化にイマチニブ少量療法の効果  ~強皮症に対するマスト細胞制御療法の可能性~  [in Japanese]

    Norifumi Sawamukai , Yukawa Sonosuke , Kubo Satoshi , Yamaoka Kunihiro , Saito Kazuyoshi , Tanaka Yoshiya

    強皮症の難治性皮膚硬化に対する治療法は確立されていない。我々は、強皮症皮膚病変部にはマスト細胞が多数存在し、病態形成へ関与することを報告してきた。今回、マスト細胞の生存・分化に重要なc-kit阻害作用を有するイマチニブの難治性強皮症に対する効果を検証するパイロット研究を本学倫理委員会の承認を得て行った。患者選択基準は、生検にて皮膚硬化病変が確認され本試験に同意の上文書でICを取得し得た全身性強皮症 …

    Nihon Rinsho Men'eki Gakkai Sokai Shorokushu 39(0), 102-102, 2011

    J-STAGE 

Page Top