山鳥 大材 Yamadori Tomoki

ID:9000391775677

大阪大学大学院医学系研究科 呼吸器、免疫アレルギー、感染内科 (2006年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • 高用量ARB、ACEI療法により透析離脱可能となった強皮症腎クリーゼの1例  [in Japanese]

    Hagihara Keisuke , Tanaka Toshio , Yoshizaki Kazuyuki , Kawase Ichiro , Shima Yoshihito , Iwatani Hirotsugu , Nakashoutani Nanaho , Niikura Kana , Arimitu Junsuke , Hirano Toru , Yamadori Tomoki , Ogata Atsushi

    症例は54歳女性、2004年発症の強皮症の患者。プレドニゾロン5mg、D-ペニシラミンにて外来フォローされていたが皮膚硬化が増強し、シクロスポリンを導入するも改善せず、2005年9月13日入院。入院時、血圧96/62mmHg、BUN21、Cr0.7であったが、10月28日よりCr1.6、血圧150-170/90-100mmHgと上昇が見られ、強皮症腎クリーゼが疑われた。腎保護作用を期待し、テルミサ …

    Nihon Rinsho Men'eki Gakkai Sokai Shorokushu 34(0), 99-99, 2006

    J-STAGE 

Page Top