小池 隆夫 KOIKE TAKAO

ID:9000391776837

北海道大学大学院医学研究科 病態内科学講座・第二内科 (2006年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • シクロフォスファミド(CPA)大量投与併用自己末梢血単核球注入による血管新生が奏功したrheumatoid vasculitisの一例  [in Japanese]

    OKU KENJI , ATSUMI TATSUYA , HASHIMOTO TOUKO , KAWASW YOSHIAKI , KATAOKA HIROSHI , HORITA TETSUYA , YASUDA SHINSUKE , KOIKE TAKAO , KUNIHARA TAKASHI

    慢性動脈閉塞症に伴う難治性潰瘍に対して局所への肝細胞増殖因子(HGF)など遺伝子注入療法や単核球注入療法が確立されつつあるが、膠原病に伴う難治性潰瘍への応用は数例の報告を認める程度である。今回、我々はrheumatoid vasculitisに伴う難治性潰瘍に、大量シクロフォスファミド(CPA)併用単核球注入療法を施行したので報告する。<BR>症例は34歳男性。昭和59年に若年性リウマチを発症し平 …

    Nihon Rinsho Men'eki Gakkai Sokai Shorokushu 34(0), 36-36, 2006

    J-STAGE 

Page Top