川本 学 Kawamoto Manabu

ID:9000391777075

東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター (2006年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • CD45遺伝子多型A138GとSLEの関連  [in Japanese]

    Kawamoto Manabu , Kawaguchi Yasushi , Hara Masako , Takagi Kae , Ichida Hisae , Soejima Makoto , Kanno Tokiko , Kamatani Naoyuki

    【目的】CD45はそのPTPase活性によりcytokine receptor signalingのnegative regulationに関与するタンパク質である。CD45遺伝子Exon6上のSNP A138Gは、日本人集団におけるアレル頻度が他人種に比べて高いという特徴を持っているのみならず、CD45 mRNA splicingに影響を与え、かつ、Graves' Diseaseにおいて有意に少 …

    Nihon Rinsho Men'eki Gakkai Sokai Shorokushu 34(0), 24-24, 2006

    J-STAGE 

Page Top