澤向 範文 Sawamukai Norifumi

ID:9000391777908

産業医科大学第一内科学講座 (2007年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • タクロリムスによる関節リウマチにおける治療抵抗性改善機序の検討  [in Japanese]

    Suzuki Katsunori , Saito Kazuyoshi , Yamaoka Kunihiro , SawamukaiNakano Kazuhisa , Sawamukai Norifumi , Tsujimura Shizuyo , Tanaka Yoshiya

    我々は関節リウマチ(RA)において、多剤抵抗性遺伝子により誘導される選択性を持った薬剤排泄ポンプ(P糖蛋白質;P-gp)の存在が治療抵抗性の機序の一因を担っていることを見出してきた。 タクロリムス(TAC)はカルシニューリン阻害作用に加えてP-gp拮抗阻害作用をもつ。当科でTACを導入した活動期RA90例の解析では、ごく早期にEULARの改善基準でgood responseを示す症例を認め、これら …

    Nihon Rinsho Men'eki Gakkai Sokai Shorokushu 35(0), 67-67, 2007

    J-STAGE 

Page Top